8月21日 日曜礼拝

8月21日 日曜礼拝(377)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


8月の招詞 ~詩篇117:1~2
1 すべての国々よ 【主】をほめたたえよ
  すべての国民よ  主をほめ歌え
2 主の恵みは私たちに大きい。
 【主】のまことはとこしえまで。ハレルヤ。

賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・35(93) ふし拝め国たみよ
・283(302) たちあがれいざ
・376(383) ちち・みこ・みたまの

メッセージ:「バビロンへの預言ⅣⅥ~諸国への裁き⑦ 」
聖書箇所 
エレミヤ書51:34~58
34  『バビロンの王ネブカドネツァルは、
   私を食い尽くし、  私をかき乱して、
 空の器にした。
   竜のように私を吞み込み、
   私という美味で腹を満たし、
   私を洗い流した。』
35  シオンに住む者は言え。
   『私と私の肉親になされた暴虐が、
   バビロンに降りかかれ』と。
   エルサレムは言え。
   『私の血がカルデアの住民に注が
 れよ』と。」

    〈 一部割愛 〉

57 「わたしは、その首長たちや知恵
 のある者、総督や長官、勇士たちを
 酔わせる。彼らは永遠の眠りについて、
 目覚めることはない──その名を万軍
 の主という【王】のことば。」
58 万軍の【主】はこう言われる。
   「バビロンの厚い城壁は完全にくつ
 がえされ、
   その高い門にも火が放たれる。
   国々の民は無駄に労し、
   諸国の民は、ただ火に焼かれて、
 力尽きる。」     

*「新改訳2017」を使用しています。  

 エレミヤ書51:34~58
↑カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師

エレミヤ書

| はじめに
~人間は人間を救えるか?  
 1.「救われよ」と問いかける神 イザ45:22
  ①旧約時代にもかかわらず、全人類を範囲に含む預言的聖句
  ②唯一の神、メシアは「救われよ」と招いてくださるお方。
 2.悪魔の策略 悪魔は人殺しであり、神が与える救いのみが本物である。
  ①悪魔は常ににせものを用意する。
  ②多くの人々が引き込まれ、また多くの人々を落胆させ、本物を見えなくする。

| メッセージのアウトライン
Ⅰ 人々の懇願と神の答え(34~45節)
Ⅱ 帰還の命令(45~48節)
Ⅲ 神の報復の前に(49~58節)

|ゴール:
Ⅰ神が与える「救い」のみを求めて
*このメッセージは、バビロンへの預言から、神の計画の詳細を学ぶものである。

聖書アイコンこのメッセージのアウトラインはこちら
 
メッセージアウトライン2

Acrobat_Reader
※ファイル(PDF形式)の閲覧には「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、ダウンロードをしてください。



過去のメッセージアウトラインについて
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように追って対応いたします。



*お気に召していただけましたら、ランキングサイトへの投票もお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply