3月27日 日曜礼拝

3月27日 日曜礼拝(356)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


3月の招詞 ~詩篇96:7~9
7 もろもろの民の諸族よ 【主】に帰せよ。 
  栄光と力を【主】に帰せよ。 
8 御名の栄光を【主】に帰せよ。 
  ささげ物を携えて 主の大庭に入れ。 
9 聖なる装いをして 【主】にひれ伏せ。 
  全地よ 主の御前におののけ。

賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・40(96) せいなるかな
・399(399)カルバリ山の十字架 
・377(384) すべての恵みの

メッセージ:「エジプト寄留に伴う偶像礼拝~変わらない罪の性質 」
聖書箇所 
エレミヤ書44:1~14
1 エジプトの地に住むすべての
  ユダヤ人、すなわちミグドル、
  タフパンヘス、メンフィス、
  およびパテロス地方に住む者
  たちに対する、エレミヤに
  あったことばは、次のとおりで
  ある。
2 「イスラエルの神、万軍の【主】
  はこう言われる。『あなたがたは、
  わたしがエルサレムと
  ユダのすべての町に下した、
  あのすべてのわざわいを見た。
  見よ。その町々は今日、廃墟と
  なって、そこに住む者もいない。

    〈 一部割愛 〉

13 わたしは、エルサレムを罰した
  のと同じように、エジプトの地に
  住んでいる者たちを、剣と飢饉と
  疫病で罰する。
14 エジプトの地に寄留した後、
  ユダの地へ帰ろうとしている
  ユダの残りの者には、逃れる者
  も生き残る者もいない。彼らは
  そこに帰って住みたいと心から
  望んでいるが、わずかな逃れる
  者以外は帰らない。』」

*「新改訳2017」を使用しています。  

 エレミヤ書44:1~14
↑カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師

エレミヤ書

| はじめに
~人類の処し難い問題とその原因
1.ウクライナ侵攻:大失敗の歴史を繰り返そうとするロシアの愚行
(1)ヨハネ15:13の誤用:本来は十字架も厭わないキリストの愛を指す。
   *キリストが誰の命を奪っただろうか?御言葉の悪用は悪魔の常とう手段。
2.聖書が示す人間観「罪の性質」
(1)神の助けなしには、自力回復不能な性質。
(2)神に敵対する性質:不信仰、また偶像を好む霊的不品行を含む性質。
(3)すべての時代の人類が生まれながらに持っている問題。
   ①初めの人アダムの堕落以降、罪の性質は例外無しに受け継がれる。
   ②世界に溢れる悲しい出来事は、すべて「罪」に起因する。
   *アダムを堕落させ、人類の「罪」をあおり、神に敵対させる者(悪魔の存在)
3.選びの民であっても、罪の性質は簡単には変わらない。
(1)イスラエルの歩みは頂上から下り続け、ついにふりだしに戻る。
(2)ユダの民にとって、エジプト寄留は不信仰と頑なさの表れである。
   ①バビロンによるエルサレム陥落を見ても、その性質は変わらない。

| メッセージのアウトライン
Ⅰ 民の現状と、過去への回顧(1~6節)
Ⅱ 寄留する民の霊的状態(7~10節)
Ⅲ さばきの宣告・3つの要点(11~14節)

|ゴール:
Ⅰ自力回復できない罪人と神による救い
*このメッセージは、ユダの民の不信仰から、私たちの問題と解決を学ぶものである。

聖書アイコンこのメッセージのアウトラインはこちら
 
メッセージアウトライン2

Acrobat_Reader
※ファイル(PDF形式)の閲覧には「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、ダウンロードをしてください。


過去のメッセージアウトラインについて
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように追って対応いたします。



*お気に召していただけましたら、ランキングサイトへの投票もお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply