3月13日 日曜礼拝

3月13日 日曜礼拝(354)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


3月の招詞 ~詩篇96:7~9
7 もろもろの民の諸族よ 【主】に帰せよ。 
  栄光と力を【主】に帰せよ。 
8 御名の栄光を【主】に帰せよ。 
  ささげ物を携えて 主の大庭に入れ。 
9 聖なる装いをして 【主】にひれ伏せ。 
  全地よ 主の御前におののけ。

賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・40(96) せいなるかな
・547(525) かたりつげばや
・377(384) すべての恵みの

メッセージ:「イシュマエル逃亡 ~バビロンの叱責を恐れる民 」
聖書箇所 
エレミヤ書41:11~42:22
11  しかし、カレアハの子ヨハナンと、
   彼とともにいた軍のすべての高官
   たちは、ネタンヤの子イシュマエル
   が行ったすべての悪を聞くと、
12 部下をみな連れて、ネタンヤの子
   イシュマエルと戦うために出て行き、
   ギブオンにある大池のほとりで
   彼を見つけた。

    〈 一部割愛 〉

21 私は今日、あなたがたに告げ
  たが、あなたがたは、自分たちの神、
  【主】の御声を、すなわち、主がそのため
  に私をあなたがたに遣わされたすべて
  のことを聞こうとしなかった。
22 だから今、確かに知らなければなら
  ない。あなたがたが、行って寄留したい
  と思っている
  その場所で、剣や飢饉や疫病で死ぬ
  ことを。」

*「新改訳2017」を使用しています。  

 エレミヤ書41:11~42:22
↑カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師

エレミヤ書

| はじめに
~人間の計画と神の御心の間で
1.箴19:21
(1)私たち人間が考えることは、不完全であり部分的である。
  *神の計画こそ完全であり、主のはかりごとだけが成る。
(2)神のことばよりも、自分の計画を優先してしまう原因
  *不信仰や無知、過度な欲望、目に見える恐怖など

2.ユダの民は、再び神のことばに背く 
(1)バビロンは民衆の生活保障や戦後処理などで、人格的な一面を見せた。
(2)派遣された総督が暗殺されたことの責任は、決して小さくない。
  *バビロンへの抵抗は、世の知恵としては選択肢の一つである。 
(3)「暗殺事件の責任」という恐れがきっかけとなり、不信仰が行為として表れる

| メッセージのアウトライン
Ⅰ 暗殺の責任を問われる恐れ(41章11節~42章6節)
Ⅱ エレミヤへの神の答え(7~22節)

|ゴール:
Ⅰ神に従う姿勢の見極め
*このメッセージは、御心を第一とする姿勢を自己吟味し、実践するためものである。

聖書アイコンこのメッセージのアウトラインはこちら
 
メッセージアウトライン2

Acrobat_Reader
※ファイル(PDF形式)の閲覧には「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、ダウンロードをしてください。


過去のメッセージアウトラインについて
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように追って対応いたします。



*お気に召していただけましたら、ランキングサイトへの投票もお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply