2月20日 日曜礼拝

2月20日 日曜礼拝(351)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


2月の招詞 ~詩篇150:1~2
1 ハレルヤ。神の聖所で 神をほめたたえよ。
  御力の大空で 神をほめたたえよ。
2 その大能のみわざのゆえに、神をほめたたえよ。
  その比類なき偉大さにふさわしく 神をほめたたえよ。

賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・35(93) ふし拝め国たみよ
・497(580)輝く日を仰ぐとき 
・376(383) ちち・みこ・みたまの

メッセージ:「聖書観と性について考える」
2022教会テーマを覚えて③

聖書箇所 
ロマ書1:26~27

26 こういうわけで、神は彼らを
  恥ずべき情欲に引き渡され
  ました。すなわち、彼らのうちの
  女たちは自然な関係を自然に
  反するものに替え、

27 同じように男たちも、女との
   自然な関係を捨てて、男同士で
  情欲に燃えました。男が男と
  恥ずべきことを行い、その誤りに
  対する当然の報いをその身に
  受けています。

*「新改訳2017」を使用しています。  

 ロマ書1:26~27
↑カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師

| はじめに
~聖書的価値観を脅かす大きな存在
1.ヘブル書は、苦難の中にあり、背教の危機にある信者に宛てた手紙である。
2.キリスト教信仰に入って来る非聖書的要素
3.内にある価値観、世界観が、その人の世界を規定する。
4.人類の価値観、道徳倫理、人間観に及ぶ重要な問題:「LGBTQ」
  ◆参考図書:『聖書とLGBTQ』 出版:ファミリーフォーラムジャパン

| メッセージのアウトライン
Ⅰ LGBTQ問題を知る
Ⅱ 主張はどこまで正しいか
Ⅲ 相応しい性の確立 ~社会の基礎が家庭であることの再確認

|ゴール:
Ⅰ「性」の確立における聖書の立場

*このメッセージは、LGBTQの実態と聖書的反論を学ぶためのものである。

聖書アイコンこのメッセージのアウトラインはこちら
 
メッセージアウトライン2

Acrobat_Reader
※ファイル(PDF形式)の閲覧には「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、ダウンロードをしてください。


過去のメッセージアウトラインについて
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように追って対応いたします。



*お気に召していただけましたら、ランキングサイトへの投票もお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply