9月26日 日曜礼拝

9月26日 日曜礼拝(330)
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


9月の招詞 ~詩篇147:1-2
 1 ハレルヤ。 まことにわれらの神にほめ歌を
   歌うのは良い。まことに楽しく賛美は麗しい。
 2 【主】はイスラエルを建て 
   イスラエルの散らされた者たちを集められる。

賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・466(454)まどいの雲きえて
・683(634)世の終わりのラッパ
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「ハナムエルの土地の買戻し」
聖書箇所 
エレミヤ書32:1~25
1 ユダの王ゼデキヤの第十年、
  ネブカドネツァルの第十八年に、
  【主】からエレミヤにあった
  ことば。
2 そのとき、バビロンの王の
 軍勢がエルサレムを包囲中
 であって、預言者エレミヤは、
 ユダの王の宮殿にある監視の
 庭に監禁されていた。

〈 一部割愛 〉

24 ご覧ください。この都を
  攻め取ろうとして、塁が
  築かれました。この都は、
  剣と飢饉と疫病のために、
  攻めているカルデア人の
  手に渡されようとしています。
  あなたのお告げになった
  ことは成就しました。
  ご覧のとおりです。
25 【神】、主よ。この都が
  カルデア人の手に渡されよう
  としているのに、あなたは
  私に、金を払ってあの畑を
  買い、証人を立てよ、と
  言われます。』」 

*「新改訳2017」を使用しています。
 エレミヤ書32:1-25
↑カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師

講解 エレミヤ書

| はじめに
~エレミヤの常識を超えた行動に見出す希望
1.神が与える知恵や幻によって、常識を超えてゆく歩み

 (1)単なる非常識な歩みではない。
 (2)神の奥深い啓示を正しく見出す。
 (3)神の啓示が、「世の常識」に押しつぶされてはならない。
  ①自由主義神学※への反論
   ※聖書における神の奇蹟を否定し、人の目に良く見えることを教える妥協的理解
メッセージのアウトライン
Ⅰ 監禁中に下る啓示(1~5節)
Ⅱ 「土地を買い戻せ」(6~15節)
Ⅲ エレミヤの疑問、そして祈り(15~25節)

|ゴール:
Ⅰ常識を超えた行動に見出す希望
  
*このメッセージは、神のことばへの忠実さと、大きな希望について学ぶものである。

聖書アイコンこのメッセージのアウトラインはこちら
 
メッセージアウトライン2

Acrobat_Reader
※ファイル(PDF形式)の閲覧には「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、ダウンロードをしてください。


過去のメッセージアウトラインについて
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように追って対応いたします。



*お気に召していただけましたら、ランキングサイトへの投票もお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply