7月4日 日曜礼拝

7月4日 日曜礼拝(318) 聖餐式
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


7月の招詞 ~詩篇145:1-2
1  私の神 王よ 私はあなたをあがめます。
  あなたの御名を 世々限りなくほめたたえます。
2 日ごとにあなたをほめたたえ
  あなたの御名を世々限りなく賛美します。

賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・474(461)ながしたまいし
・539(521)キリストにはかえられません
・171(210)主よながみまえにゆき〈 聖餐式 〉
・378(385)さかえあれや

メッセージ:「全ての罪人に下る神のさばき」
聖書箇所 
エレミヤ書25:15~38
15)まことにイスラエルの神、
  【主】は、私にこう言われた。
  「この憤りのぶどう酒の杯を
  わたしの手から取り、わたし
  があなたを遣わすすべての
  国々に、これを飲ませよ。
16)彼らは飲んで、ふらつき、
  狂ったようになる。わたしが
  彼らの間に送る剣のゆえで
  ある。」

〈 一部割愛 〉

36)  牧者たちの叫ぶ声がする。  
    群れの飼い主たちの泣き声が。  
     【主】が彼らの牧場を荒ら
    しておられるからだ。  
37) 平和な牧場も、  
    【主】の燃える怒りによって
    荒れすたれる。  
38)  主は若獅子のように仮庵を捨てた。  
    虐げる者の怒り、主の燃える怒り
    によって、  
    彼らの国が荒れ果てるからだ。

*「新改訳2017」を使用しています。
 エレミヤ書25:15-38
↑カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師

講解 エレミヤ書

| はじめに
Ⅰ 全人類が生まれながらに持つ罪
1.神が求める方法でのみ、赦し(救い)をいただくことが可能である。
 ①エレミヤの時代のユダヤ人は、神への信仰を律法を守り表すことが御心。
  *当然、表面上の行いだけでは救われない。
 ②一方で異邦人は、与えられた啓示の範囲において、その生き方が問われた。

2.生まれながらの人類すべてが罪人であり、赦し(救い)が必要である。
 ①神と和解していない人は、神に敵対していて、あらゆる面で神の基準には満たない。
 ②この世のすべての問題の原因は、「罪」(その大本は原罪)である。
 ③誰が罪人に救いを提供し、罪に起因するこの世のあらゆる問題を解決できるか。
  神のみが可能であり、神の約束がなるときこそ、全人類の希望である。

3.捕囚期の諸国のさばきは、すべての罪人を神はさばき恐ろしい患難を免れないことを教えている。
 *では預言が成就する時(つまり信者にとっては希望の時、不信者にとっては嘆きの時)とはいつか?
 
メッセージのアウトライン
Ⅰ 全世界へのさばき(15~29節)
Ⅱ すべての者がさばきに服す(30~38節)
Ⅲ 「その日」すべてが成就する

|ゴール:
Ⅰ怒りの杯は既に飲まれた
*このメッセージは、信じる者は怒りの杯から免れている幸いについて学ぶものである。


聖書アイコンこのメッセージのアウトラインはこちら
 
メッセージアウトライン2

Acrobat_Reader
※ファイル(PDF形式)の閲覧には「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、ダウンロードをしてください。


聖餐式2
*過越しの祭りのイメージ(イスラエルでは桜に似たアーモンドの花が春の訪れを知らせる)
聖餐式イメージ
聖餐式のイメージ(実際にはパン種の入らない薄いパン(ヘブル語でマッツァ)を用います。


過去のメッセージアウトラインについて
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように追って対応いたします。



*お気に召していただけましたら、ランキングサイトへの投票もお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply