6月13日 日曜礼拝

6月13日 日曜礼拝(315)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


6月の招詞 ~詩篇96:1-3
1 新しい歌を【主】に歌え。 全地よ 【主】に歌え。
2 【主】に歌え。御名をほめたたえよ。
  日から日へと 御救いの良い知らせを告げよ。
3 主の栄光を国々の間で語り継げよ。
  その奇(くす)しいみわざを あらゆる民の間で


賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・631(593)罪にみてるせかい(ああめぐみ!)
・325(338)いともよきものを
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「にせ預言者のさばき② 」
聖書箇所 
 エレミヤ書23:23-40
23)わたしは近くにいれば、神なのか。  
   ──【主】のことば──  
   遠くにいれば、神ではないのか。  
24)人が隠れ場に身を隠したら、  
   わたしはその人を見ることができない
   のか。   ──【主】のことば──  
    天にも地にも、わたしは満ちている
   ではないか。  ──【主】のことば。 
25) わたしの名によって偽りを預言する
   預言者たちが、『私は夢を見た。
   夢を見た』と言うのを、わたしは聞いた。 

 〈一部割愛〉

38)もし、あなたがたが【主】の宣告と言う
  なら、それに対して、【主】はこう言われる。
  わたしはあなたがたに、主の宣告と
  言うなと言い送ったのに、あなたがたは
  【主】の宣告というこのことばを使っている。
39)それゆえ、見よ、わたしはあなたがたを
  全く忘れ、あなたがたとあなたがたの
  先祖に与えたこの都を、あなたがたと
  ともに、わたしの前から捨てて、
40)永遠の恥辱、忘れられることのない
  永遠の侮辱をあなたがたに与える。』」

*「新改訳2017」を使用しています。
 エレミヤ書23:23-40
↑カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師
講解 エレミヤ書

| はじめに
~真のメッセージと偽りのメッセージ
1.信仰に関する現代的テーマである。
(1)スピリチュアル、占い、迷信、誤った聖書解釈など・・・
 *教会に入り込む偽りの教師は、神の計画を阻害する者である。
(2)偽物を排除し、本物を見分ける目が必要である。
 *私たちが放つ、「キリストを知る知識の香り」に混ぜ物は無いか?
 *私たちの重荷は何か? それを担ってくださるお方は誰か?

メッセージのアウトライン
Ⅰ 偶像に勝る遍在なる神(23~24節)
Ⅱ 真の預言者とにせ預言者の対比(25~32節)
Ⅲ 主の重荷として捨てられる民(33~40節)

|ゴール:
Ⅰ神の赦しを得よ

*このメッセージは、神の重荷とならず、自らの重荷を委ねる幸いについて学ぶものである。


聖書アイコンこのメッセージのアウトラインはこちら
 
メッセージアウトライン2

Acrobat_Reader
※ファイル(PDF形式)の閲覧には「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、ダウンロードをしてください。


過去のメッセージアウトラインについて
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように追って対応いたします。



*お気に召していただけましたら、ランキングサイトへの投票もお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply