5月9日 日曜礼拝

5月9日 日曜礼拝(310)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


5月の招詞 ~詩篇146:1-2
1 ハレルヤ。 わがたましいよ 【主】をほめたたえよ。
2 私は生きているかぎり 【主】をほめたたえる。
  いのちのあるかぎり 私の神にほめ歌を歌う。


賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・34(92)ほむべきかな我らの神
・614(578)主の愛のながうちに
・376(383)ちち・みこ・みたまの

メッセージ:「 ユダの王たちに語られる宣告  」
聖書箇所 
エレミヤ書22:1~23
1) 【主】はこう言われる。
 「ユダの王の家に下り、そこで
 このことばを語れ。

2) 『ダビデの王座に着く
 ユダの王よ。あなたも、
 これらの門の内に入って
 来るあなたの家来も、
 またあなたの民も、
 【主】のことばを聞け。

3)【主】はこう言われる。
 公正と正義を行い、かすめ
 取られている者を、
 虐げる者の手から救い出せ。
 寄留者、みなしご、やもめを
 苦しめたり、いじめたりしては
 ならない。
 また、咎なき者の血をここで
 流してはならない。

〈 一部割愛 〉

21) あなたが平穏であった
  ときに、 わたしはあなたに
  語りかけたが、あなたは
  『私は聞かない』と言った。 
  わたしの声に聞き従わない
  ということ、これが、若いころ
  からのあなたの生き方だった。

22)あなたの牧者たちはみな
  風に追い立てられ、 
  あなたの恋人たちは捕らわれの
  身となって行く。 
  そのとき、あなたは自分の
  すべての悪のゆえに、  
  恥を見、辱めを受ける。
  
23)レバノンの中に住み、 
  杉の木の中に巣ごもりする
  女よ。 
  あなたに陣痛が、産婦のような
  激痛が襲うとき、あなたは
  どんなにうめくことだろう。」

*「新改訳2017」を使用しています。
 エレミヤ書22:1-23
↑カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師

講解 エレミヤ書

| はじめに
1.目に見える確かさと、そうでない真理
(1)危機に直面したときの対応
 ①その人の価値観、世界観、何に頼っているかが現れる。
 ②本当に頼るべきものを知らない人の悲劇

メッセージのアウトライン
Ⅰ ユダの王への宣告(1~9節)
Ⅱ エホアハズとエホヤキムへの宣告(10~19節)
Ⅲ ユダの同盟国の捕囚の預言(20~23節)

|ゴール:
Ⅰいつも忘れてはならないこと~危機と繁栄
*このメッセージは、人生への危機の備えについて学ぶものである。


聖書アイコンこのメッセージのアウトラインはこちら
 
メッセージアウトライン2

Acrobat_Reader
※ファイル(PDF形式)の閲覧には「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、ダウンロードをしてください。


過去のメッセージアウトラインについて
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように追って対応いたします。



■母の日を覚えて・・・
 1905年5月9日、アメリカのフィラデルフィアに住む少女アンナ・ジャービスが母クレア・ジャービスの死に遭遇したことで、生前に母を敬う機会を設けようと働きかけたこと。
 やがて、この働きかけが日曜学校運動推進者のジョン・ワナメーカー(百貨店を考案した実業家)らの手によりアメリカ全土に広まり、1914年には当時のウイルソン大統領が、5月の第二日曜日を「母の日」と制定し、国民の祝日となった。
母の日(無地)


*お気に召していただけましたら、ランキングサイトへの投票もお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply