12月20日 日曜礼拝

12月20日 日曜礼拝(290)
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


12月の招詞 ~詩篇148:1-5
1 ハレルヤ。
  天において【主】をほめたたえよ。
  いと高き所で 主をほめたたえよ
2 主をほめたたえよ すべての御使いたちよ。
  主をほめたたえよ 主の万軍よ
3 日よ 月よ 主をほめたたえよ。
  主をほめたたえよ 
  すべての輝く星よ。
4 天の天よ 主をほめたたえよ。
  天の上にある水よ。
5 【主】の御名をほめたたえよ。
  主が命じて それらは創造された
  のだ。

賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・86(138)君なるイェスは今あれましぬ
・71(123)きけやうたごえ
・72(124)静かに眠れる

メッセージ:「羊飼いたちのクリスマス
聖書箇所 
ルカの福音書2:1~20
1)そのころ、全世界の
 住民登録をせよという
 勅令が、
 皇帝アウグストゥスから
 出た。
2)これは、キリニウスが
 シリアの総督であったときの、
 最初の住民登録であった。
3)人々はみな登録のために、
 それぞれ自分の町に帰って
 行った。

〈 一部割愛 〉

18)聞いた人たちはみな、
 羊飼いたちが話したことに
 驚いた。
19)しかしマリアは、これらの
 ことをすべて心に納めて、
 思いを巡らしていた。
20)羊飼いたちは、見聞き
 したことがすべて御使いの
 話のとおりだったので、
 神をあがめ、賛美しながら
 帰って行った。

*「新改訳2017」を使用しています。
 ルカの福音書2:1-20
↑カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師

クリスマス画像_希望の光バプテスト(1)

| はじめに
Ⅰ 唯一の救い主を礼拝し、真の平安を受け取れ
1.降誕物語は蔑まれていた者を神はあわれみ、その謙遜さを祝された史実。
 ①平和を求める願いを叶え、最初のメシアの目撃者とした。
 ②天の軍勢と栄光を持たれる神は、赤子という低い姿で臨んでくださった。
2.現代社会でも、真の平安が存在することを表す史実である。
 ①コロナ禍なども影響し、人々の孤独、不安は減ることがない。
 ②今も救い主はおられ、求める者に平安を与えてくださる。
 *たとえ目の前の状況がすぐ好転しなくても、その捉え方が劇的に変えられる。

メッセージのアウトライン
Ⅰ歴史的背景~それは歴史的事実である
Ⅱイエスの誕生~恐れずに、救い主に歩み寄れ
Ⅲ羊飼いたちへの祝福

|ゴール:
Ⅰ神はへりくだる者と共にいてくださる
*このメッセージは、高慢を捨て、平安を受け取る幸いについて学ぶものである。

聖書アイコンこのメッセージのアウトラインはこちら
 
メッセージアウトライン2

Acrobat_Reader
※ファイル(PDF形式)の閲覧には「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、ダウンロードをしてください。



過去のメッセージアウトラインについて
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように追って対応いたします。



*お気に召していただけましたら、ランキングサイトへの投票もお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply