9月13日 日曜礼拝

9月13日 日曜礼拝(276)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■9月の招詞 ~詩篇117:1-2
1 すべての国々よ 【主】をほめたたえよ。
 すべての国々よ 【主】をほめうたえ。
2 主の恵みは私たちには大きい。【主】のまことはとこしえまで。
 ハレルヤ。

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・64(118)神の賜う愛
・504(486)来たれ友よともにイエスの
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「 焼かれるオリーブの木  」
・聖書箇所 エレミヤ書 11:6-17 ←カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師
講解 エレミヤ書

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
Ⅰ イスラエルの暦:ラッパの祭り(新年祭)
1.五旬節から長い収穫期を経て、迎えた律法の新年
(1)新しい時代に突入しようとしている現実に目を向ける機会。
(2)イスラエルを通して、神の計画の進展を注視すべき時代。
(3)コロナ禍を経て、教会が学ぶべきこと。

メッセージのアウトライン
Ⅰ契約を破棄する民(6~13節)
Ⅱ民のために祈ってはならない(14~17節)
|ゴール:
Ⅰさばかれるオリーブの木と神の恵み
*このメッセージは、イスラエルへの計画と教会携挙を交えて学ぶものである。


◆コラム:新年祭と教会携挙
18(金)~20(日) ユダヤの暦ではロシュ・ハシャナー(新年祭)を迎えます。
ロシュ・ハシャナ
*旧約聖書で命じられたラッパの祭り(レビ23:23~25など)が元になっていて、新約の聖徒にとっては、教会携挙(1テサ4:16-18)を予表していると考えられます。
 ヨム・トゥルアー「ラッパを吹き鳴らす日」か、ロシュ・ハシャナー「新年」と呼び、その意味は贖罪の日への備え。新約聖徒にとっては患難時代への備えと理解されます。教会が地上から引き上げられ、地上に注がれる神の御怒りから解放されます。

 かつてラッパの祭りで悔い改め(贖罪の日)に備えた旧約時代の人々のように、携挙が起こることによって、未信者のイスラエル人たちは、悔い改めの時(大患難時代)に向けて備えるというのが、神の計画です。

 繰り返し100回も吹き鳴らされるラッパ(つのぶえ=ショファール)の最後は、息が続く限り吹き鳴らします(テキアーゲドラー)。その表現は、聖徒たちが地上から天に瞬時に引き上げられる際、聞こえるであろうラッパ(つのぶえ)に重なります。

*今もなお終わりが見えないコロナ禍と、それに伴う新しい生活様式(ニューノーマル)など、世界は一変しました。それだけではなく、米中二大大国の覇権争いや、イスラエルとアラブ諸国のこれまでにない情勢の変化など・・・、聖書の預言(大患難時代への序曲としてロシアを中心とする世界統一国家の樹立)を確かなものとするときに、これらの世界情勢の変化は、新しい時代への布石と理解できます。世界の有力者たちは、世界の再構築(グレート・リセット)を模索しています。
 かつて創世記で、バベルの塔を築いて、人の英知で神に近づこうとした人類が、あたかも再び神を抜きにして一つに合わさろうとするようではありませんか。

 さらに、信仰生活に関してはソーシャルディスタンスに伴い、礼拝が公にもてない日々が続きました。信者にとって顔と顔を合わせ、神を礼拝し、交わり祈る営みは欠かせないものです。信者一人ひとりの信仰が試され、振り分けられているようにも思えます。これまでのままでいいのか?礼拝とは?教会とは?・・・
 もし教会が週一のサロンのようになったり、みことばから外れた説教にとどまるならば、新しい時代が来ようとしていることを再認識し、今、この瞬間に改めるべきであろう。ペンテコステ(聖霊降臨)に始まる教会時代の終わりは近づいている。新しい時代が来ようとしている。聖徒たちを迎えるために、天から主が再び来られる前に・・・

◆参考文献
|ラッパの祭りについて
*2001年フルクテンバウムセミナー「イスラエルの祭りに隠されたイエス・キリスト」
*第10回再臨待望聖会「祝福に満ちた希望 -テトス2:13-」
|グレート・リセット
*月間ハーベスト・タイムVol.413「城壁の見張り人の祈り」


※【告知】メッセージアウトラインに関してのお知らせ
2020年9月1日で、ヤフーボックスの一部機能の提供終了いたしました。
過去にヤフーボックスで公開していたデータについては、改めてダウンロードできるように
追って対応させていただきます。


希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply