12月15日 日曜礼拝

12月15日 日曜礼拝(239)〈アドベント③〉
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■12月の招詞 ~詩篇100:1-5  
1 全地よ 【主】に向かって喜びの声をあげよ。
2 喜びをもって【主】に仕えよ。
3 知れ。【主】こそ神。主が 私たちを造られた。私たちは主のもの 主の民 その牧場の羊。
4 感謝しつつ 主の門に 賛美しつつ その大庭に入れ。主に感謝し 御名をほめたたえよ。
5 【主】はいつくしみ深く その恵みはとこしえまで その真実は世々に至る。
*本文は新改訳2017より

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・78(130)いざもろとも
・73(135)ふけゆくのはらの
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「 素晴らしき出会い東方の博士の礼拝 」 
・聖書箇所 マタイ2:1~12 ←カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。
小野寺望 牧師


↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
Ⅰ 幼子イエスを礼拝した記事の一つ
① ルカの福音書の羊飼いたちと、マタイの福音書の東方の博士たち。
  羊飼いたちと対照的に、異邦人による最初のメシア礼拝と理解される。
② 幼子の寝顔や笑みは、心の緊張を解きほぐし、安らぎを与える。
③ メシアは神であられるお方が人として、身を低くし、降誕された。
④ イエス・キリストを拝することを躊躇する理由は、本来何もない。

メッセージのアウトライン
Ⅰ東方の博士たち (1~3節)
Ⅱ異邦人最初のメシア礼拝(4~12節)
|ゴール:
Ⅰ異邦人最初のメシア礼拝から学ぶ
*このメッセージは、メシアが唯一礼拝するに相応しいことを学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply