10月20日 日曜礼拝

10月20日 日曜礼拝(231)
*先週【10/14(日)】の日曜礼拝は、台風19号を鑑み休会致しました。

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■10月の招詞 ~詩篇118:1-4  賛歌。安息日のための歌。
 1 【主】に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。
 2 さあ イスラエルよ 言え。「主の恵みはとこしえまで。」
 3 さあ アロンの家よ 言え。「主の恵みはとこしえまで。」
 4 さあ 【主】を恐れる者たちよ 言え。「主の恵みはとこしえまで。」
*本文は新改訳2017より

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・683(634)世の終わりのラッパ
・471(457)すみよりも黒き心なれど
・378(385)さかえあれや

メッセージ:「 信仰の中の訓練  」 
・聖書箇所 へブル人への手紙 12:18-29 ←カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師
講解 ヘブル人への手紙

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
Ⅰ 仮庵の祭りが指し示す実体
*今年は10/14から一週間行われる。
①ラッパの祭り・大贖罪日に続く祭り(レビ23章)は、再臨に基づく一連の出来事を表する型である。
②中間期を終えて、農業暦の年始(ローシュ・ハシャナ)・大贖罪日(ヨム・キプール)に次いで催され収穫祭。
※宗教暦の新年は過越しの祭りが催されるニサンの月(3,4月頃)
③年二回の雨季の内、初めの雨(秋の雨)に備えて行われる雨乞いの要素がある。
Ⅱユダヤ教(ラビによる口伝律法)の影響でブレた視点の回復

メッセージのアウトライン
Ⅰ地上のシナイ山 (18-21節)
Ⅱ天のシオン山(22-24節)
Ⅲ背教への警告(25-29節)
|ゴール:
Ⅰ信者が向かうゴール~千年王国と天のエルサレム
*このメッセージは、御国のゴール・新しいエルサレムについて学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply