10月以降も礼拝できるようになりました!!

まず、必要を満たしてくださる神さまの働きに感謝いたします。
結論から申し上げますと、10月以降も礼拝できるようになりました!!

私ども希望の光バプテスト教会は、5月よりおかげさまで桜美林大学多摩アカデミーヒルズの会議室をお借りして、礼拝を開始することができました。

しかし1ヶ月もしないうちに、当施設で急遽改修工事が始まることが決まり、当初10月以降はまったく使用できないと言われてしまいました。そのために今後の礼拝会場をどのように確保しようかと、6月以降ずっと祈りつつ思案しておりました。工期もはっきりせず、途方にくれてしまいました。

母教会や姉妹教会の牧師先生や兄姉方、またイスラエル聖地旅行でお世話になった兄姉方、そのうちのお一人に紹介していただいた不動産屋さんなど、多くの方々にお祈りを依頼し、伝手を探っていただきました。しかし、8月の半ばを過ぎても目立った進展はなく、不動産や他の会議室なども「教会」や「礼拝」という名称が出た瞬間に交渉が難しくなってしまう状況でした。日本のおいて、表立った迫害はありませんが、多摩はこれ程までにキリスト教会に対する無言の風当たりが実は強いということを、牧師になって初めて知りました(>_<。。)。

どうしよう?知恵や人脈の限界。祈って、そして祈って・・・それでも答えが出ない日が続きました。―――多摩中央公園で野外礼拝でもやろうか?それとも・・・最後の手段として「教会」という名称は用いずに、個人名義で「聖書の学び」という目的で公の会議室を借りて、とりあえず多摩アカデミーヒルズの工事が終わるまでの間は活動を続けることで教会組織として生き残りを図るか?

最悪を想定しました。そして事態を神様に委ねたときに、開き直りではありませんが少し心に平安が生まれました。

その結果・・・
神さまは八方ふさがりの状況を打開し、道を開いてくれました

礼拝後に念のためフロントで工事についてたずねてみると、なんと
10月以降も4階は使えるようになったらしい・・・のです。
有無を言わずに、予約が取れる分だけ(半年分)確保いたしました!!!(*^_^*)

今までの、胃に穴が開くような思いはなんだったのっ?!でも、神さまが導いて、私たちの先を歩んでくださらなければ、公に礼拝することさえも難しいということ、この教会の活動が「神(主)に在っての戦い」であるということを、この数ヶ月で体験を通して知りました。

主よ、感謝します・・・

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply