異邦人諸国への祈り2016〈 中華人民共和国 〉

異邦人諸国への祈り2016《 34 》

 迫害が厳しい国々の状況を毎週ひとつずつ「クリスチャン迫害国 ワースト50」より紹介します。イスラエルに加えて、すべての人のために、すべての聖徒のために祈りましょう。

 参照・・・1テモテ2:1、エペソ6:18、ヘブル13:3


◆中華人民共和国(首都:北京)
◆人口:13億7千万人(クリスチャン8千5百万人)/主宗教:無神論
◆政治体制:社会主義/迫害の主体:共産党
中国 国旗
 建国は1949年。その歴史は大きく分けて毛沢東時代(1949-78年)と、鄧小平時代以降(-1978年)に分けられる。前者は、社会の共産主義化を進め、後者は共産党一党独裁は保ちつつ、市場経済制を導入し、実質的な資本主義化を進める。
      
 中国共産党は外国の影響を受けた宗教団体の存在を認めず、外国人宣教師をすべて国外に追放した。そして教会を政府の管理下に置くため、プロテスタントには三自愛国教会、カトリックには中国天主教愛国会という組織を作り、それぞれの教会を所属させた。
 
 文化大革命(1966年)の時代にはあらゆる宗教が弾圧の対象になり、公認教会も礼拝を持てなくなり、以後教会の地下化が進み、家の教会運動が広がる。並んで新疆ウイグル自治区の、イスラムから改宗したクリスチャンのためにも祈りを。
中国 地図
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply