「耳をすませば」の舞台の厳しい現実

 宮崎アニメの舞台として多摩地区はよく用いられますが、「耳をすませば」の舞台といえば聖蹟桜ヶ丘。その町や駅を一望できる丘の上に存在する住宅地の現状についてご紹介します。
聖蹟アニメ・耳をすませば

以下は日刊スパ2016.6.7の記事より引用*******
「宮崎アニメでも知られたあの高級住宅街が寂れた街に…まるで「陸の孤島」!?」

近年、不動産業者が「最も凋落が著しい高級住宅街」の一つとして挙げる高級住宅街がある。
 それが、『耳をすませば』の舞台になったことでも知られる東京・多摩市の聖蹟桜ヶ丘だ。京王電鉄総裁によって開発が主導され、数多くの名士の家が立ち並ぶ屈指のセレブタウンとして名を馳せたものの……。
「現在は地理的な便の悪さ、住民の高齢化によって完全に寂れた街に。まさしくセレブタウンの“残骸”です」(不動産業者)

*以下は記者が感じた印象をかいつまんで・・・
・住宅街の位置するエリアへと続く高低差50mの長い坂道。
・自動車を使うか、徒歩なら15分近くかけてこの坂を上る必要がある。
・丘の上に商業施設が充実しているわけではない。陸の孤島だ。
・ひとたび路地に入ると完全に人の気配が消え、平日の昼下がりにもかかわらず誰ともすれ違わない。
・老人ホームやマンションに移る老人が多く、子供が家を継ぐケースは稀で、(家は)大抵放置。
http://nikkan-spa.jp/1129351
***********************

 私自身、幼少から今まで多摩で過ごし、多摩センター駅前で教会を開拓して神さまにお仕えしています。多摩を愛する身として悲しい現実です。多摩には古くから日本アニメーションの本社スタジオがあり、これまで「あらいぐまラスカル」など多数のアニメが作られました。若き日の宮崎駿氏もそこで腕を磨いたようです。
聖蹟アニメ・ラスカル
http://www.nippon-animation.co.jp/

また、かつて私が毎日神学校(さいたま市岩槻)に通う際、目にした「一週間フレンズ。」のポップやポスター。この作品も聖蹟が舞台ということで、アニメ放送に合わせて一時期設置されました。
聖蹟アニメ・一週間フレンズ
聖蹟アニメ・一週間フレンズ-2
http://oneweekfriends.com/
 空が近い、緑が豊富、駅を見下ろす小高い丘・・・アニメの設定としては素敵ですが、それを魅力としてそこで生活するには、欠点を補う都市計画が必要でしょう。聖蹟が開発されて30年が経ちました。多摩の魅力がなお見直され、そして私自身、牧師としては多くの人々が霊的に目覚めることを願って止みません。この多摩の街で神のみわざを!多摩をエルサレムに!

聖蹟30周年

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply