5月31日 日曜礼拝

5月31日 日曜礼拝(5)
天候:晴れ

■賛美 
聖歌40(旧96)せいなるかな
547(525)かたりつげばや
■メッセージ:救いのみきわめ(1ヨハネ4:17-21他)

ヨハネはその手紙の中で、キリストの「愛し合う」という命令を強調した。そしてこの文脈ではとくに教会における信者間、つまり兄弟姉妹間の愛から出る行為を強調する。

命令を守ることが、キリストを通して救いをいただいている証拠となる。しかし決して、その逆、救われるための「愛」ではない。
恵みと信仰ゆえに聖霊をいただき、新生し、新たな歩みに入った者のみが成し得る命令である。

何も問題のない間柄で愛し合うことはそれほど難しいことではないかもしれない。実際生活での問題は、教会内外問わず、付き合いにおいて問題のある人々を心の中でどう取り扱おうか。過去に衝突し、心に傷を受けた方もおられるでしょう。

神の愛を理解し、神様の不思議な恵みによって傷が癒され、いかに決心してゆくか、それは現代人にとって大きなテーマのひとつであろう。その憎しみを抱えてゆくならば、それはあなたを縛り、神様との大胆な交わりを阻害するものである。許す・・・それは唯一あなたの心を解き放つ方法である。それは自力で行うのではない。神様にあって、力をいただいて成し得ることである。

エン・ゲディ(ダビデの滝)


ダビデとサウル王の和解の出来事があった荒野のオアシス(エン・ゲディ)が、その名(山羊の泉)のとおり動物たちの喉を潤す貴重な恵みの場であったように、私たちの心が、人間どうしの衝突で乾いているならば、どうかその渇きを潤してください。すべては主にあって。。。

f-pi

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply