希望の光バプテスト教会ブログ

Tagユダヤ人虐殺 1/1

ホロコースト犠牲者を想起する国際デー(1/27)

1月27日とホロコーストイスラエル大使館のフェイスブックで知りましたが、今日はホロコースト犠牲者を覚える日とのこと。そして今年はえアウシュビッツ強制収容所が解放され、70周年を迎えるようです。国連総会が「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」を制定して10周年にあたります。1月27日にアウシュビッツがソ連によって解放されたことが由来。ちょうど先日、YouTubeに「聖地旅行【4】」の動画をアップいたしました(ぜひご...

  •  0
  •  -

映画『サウルの息子』公開目前

映画『サウルの息子』1/23公開カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品 かつて多くのユダヤ人たちの命が奪われたアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所。そこで自らユダヤ人でありながら、同胞をガス室へ送る役目をゾンダーコマンダーとして負ったサウル。彼らは他の囚人と区別して扱われ、数か月の任務が終わり次第抹殺される運命。せめて同胞の死体をユダヤ式に正しく葬りたいと願うも、祈りすら許されない環境での彼の歩みを描く。...

  •  0
  •  -

アパート壁からホロコースト資料=ほぼ無傷に驚嘆―ハンガリー

【アパート壁からホロコースト資料=ほぼ無傷に驚嘆―ハンガリー】以下 時事通信 11月23日(月)7時51分配信より引用 【ブダペストAFP=時事】ハンガリーの首都ブダペストで、改装中のアパートの壁から膨大な量のホロコースト(ユダヤ人大虐殺)資料が発見された。 ユダヤ人をナチス・ドイツの絶滅収容所に送る目的で実施した1944年の調査の資料で、第2次大戦中に破棄されたとみられていた。 見つかった文書の重さは計61キロ。住...

  •  0
  •  -

ライフ・ライン(15.10.11)の内容

水澤心吾(みさわしんご)さんのあかし俳優の水澤心吾さんは、1974年に初舞台を踏み、1977年に、舞台「天守物語」の坂東玉三郎の相手役にオーディションで選ばれ、本格的に俳優の道を進みました。以後、NHKの連続テレビ小説や大河ドラマ、民放のドラマなどに出演し、長年、俳優として活躍しています。現在はライフワークとして、第二次世界大戦時、6,000人のユダヤ避難民にビザを発行し命を救った外交官・杉原千畝の一人芝居に取り...

  •  0
  •  -