希望の光バプテスト教会ブログ

当教会の礼拝やイベントの告知、報告といった日々更新されるお知らせはこちらでご確認ください。

1月27日 日曜礼拝

1月27日 日曜礼拝(194)
*第68回ハーベスト聖地旅行(2018.12.27-2019.1.4)の画像は下記バナーからお進みください。



週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■1月の招詞 ~詩篇22:25-27
25 大いなる会衆の中での私の賛美は 
あなたからのものです。私は誓いを果たします。
種を恐れる人々の前で。

26 どうか 貧しい人々が食べて満ち足り 
主を求める人々が【主】を賛美しますように。
-あなたがたの心がいつまでも生きるように-

27 地の果てのすべての者が 思い起こし 
【主】に帰ってきますように。国々のあらゆる部族も 
あなたの御前にひれ伏しますように。

*本文は新改訳2017より


■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・40(96)せいなるかな
・558(536)ガリラヤ湖のきしにて
・378(385)さかえあれや

メッセージ:「  最後の言葉-御栄えを求めて-  」 
・聖書箇所 ローマ人への手紙 16:17-27 ほか *小野寺望 牧師
講解 ローマ人への手紙

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
(1) 文脈の確認
 *15:14-16:27は結論の部分である。   
 *同労者の紹介を含みつつ、最後の警告と頌栄。
 *今日的適用を含めて考えるとき、軽い内容ではない。

ロマ書全体のアウトライン
【助言】:神の義の啓示  1:1-17
 ①挨拶 ②ローマ教会との関係 ③テーマ
-教理的内容-
【義認】:義の転嫁  1:18-5:21
 ①有罪宣告 ②義の提供 ③義認と律法の関係 ④例話(アブラハム) ⑤義認の喜びと適用
【聖化】:神の義の付与  6:1-8:17
 ①聖化の土台 ②義の奴隷 ③律法からの解放 ④聖化の力(聖霊)
【栄化】:義なる方との一致  8:18-39
 ①現在の苦難 ②将来の栄光 ③確信と賛美の歌
【イスラエル】:神の義の弁護  9:1-11:36
 ①拒否の現実 ②拒否の理由 ③拒否の解決
-実践的内容-
【適用】:神の義の実践 12:1-15:3
 ①教会生活 ②市民生活
【結論】:神の義の伝達 15:14-16:27
 ①執筆の目的 ②パウロの将来の計画 ③賛美と警告


メッセージのアウトライン
Ⅰ 警告(17-20節)
Ⅱ 個人的な挨拶(21-23節)
Ⅲ 頌栄(24-27節)

|ゴール:
1) パウロの警告の現代的適用
2) パウロの福音
*このメッセージは、パウロの警告の適用を知り、ロマ書をまとめ味わうものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

1月20日 日曜礼拝

1月20日 日曜礼拝(193)
*第68回ハーベスト聖地旅行(2018.12.27-2019.1.4)の画像は下記バナーからお進みください。



週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■1月の招詞 ~詩篇22:25-27
25 大いなる会衆の中での私の賛美は 
あなたからのものです。私は誓いを果たします。
種を恐れる人々の前で。

26 どうか 貧しい人々が食べて満ち足り 
主を求める人々が【主】を賛美しますように。
-あなたがたの心がいつまでも生きるように-

27 地の果てのすべての者が 思い起こし 
【主】に帰ってきますように。国々のあらゆる部族も 
あなたの御前にひれ伏しますように。

*本文は新改訳2017より


■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・40(96)せいなるかな
・519(501)主よみちびきの手を
・378(385)さかえあれや

メッセージ:「  キリストにある同労者たち  」 
・聖書箇所 ローマ人への手紙 16:1-16 ほか *小野寺望 牧師
講解 ローマ人への手紙

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
(1) 文脈の確認
*15:14-16:27は結論の部分である。
*前回までで、ロマ書の本論にかかわる部分(「執筆目的」15:14-21から「パウロの将来の計画」15:22-33)が終わった。
*今日の箇所は同労者への挨拶であり、一見無味乾燥。しかし、「人・ネットワーク」という意味ではメッセージが続いている。
*前回の派遣することを表す「送る」に込められた奥深い意味を学び、そこにはパウロを取り巻く暖かい人の輪を見出した。彼の綿密な計画の実行には、このようなネットワークが不可欠。
*彼は25年でネットワークを作り、またネットワークに支えられてきたと言える。
*今日は、この同労者たちから3つのグループに区切り、講解メッセージを進める。

メッセージのアウトライン
Ⅰ フィベ(1-2節)
Ⅱ プリスカとアクラ(3-5a節)
Ⅲ 名の知られていない人たち(5b-16節)

|ゴール:
1) 女性の取り扱いに関する誤解
2) 家の教会が持つ役目と課題
*このメッセージは、パウロのネットワークと当時の教会について学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

1月13日 日曜礼拝

1月13日 日曜礼拝(192)
*第68回ハーベスト聖地旅行(2018.12.27-2019.1.4)の画像は下記バナーからお進みください。



週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■1月の招詞 ~詩篇22:25-27
25 大いなる会衆の中での私の賛美は 
あなたからのものです。私は誓いを果たします。
種を恐れる人々の前で。

26 どうか 貧しい人々が食べて満ち足り 
主を求める人々が【主】を賛美しますように。
-あなたがたの心がいつまでも生きるように-

27 地の果てのすべての者が 思い起こし 
【主】に帰ってきますように。国々のあらゆる部族も 
あなたの御前にひれ伏しますように。

*本文は新改訳2017より


■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・40(96)せいなるかな
・497(480)輝く日を仰ぐとき
・378(385)さかえあれや

メッセージ:「  パウロの伝道計画から学ぶ-ユダヤ人信徒への祈り  」 
・聖書箇所 ローマ人への手紙 15:22-33 ほか *小野寺望 牧師
講解 ローマ人への手紙

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
(1) 文脈の確認
① 15:14-16:27はロマ書全体の「結論」部分。
② 前回は「執筆の目的」を学んだ。
 *ローマ教会の評価 *使徒としての使命 *使徒としての奉仕の原則
 
(2) 「パウロの将来の計画」から学ぶ
① 第一義は計画そのもの。
② パウロは既に教理面について語り終えている。
③ 「ユダヤ人との関係」という大切な真理を見出すことができる。

メッセージのアウトライン
Ⅰ 宣教の長期計画(22-24節)
Ⅱ 宣教の短期計画(25-29節)
Ⅲ 祈りの依頼(30-33節)

|ゴール:
1) 異邦人とユダヤ人の関係
*このメッセージは、パウロの将来の計画について学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

1月6日 日曜礼拝

1月6日 日曜礼拝(191) 新年礼拝・聖餐式
新たな年が皆様にとって恵み豊かな年でありますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
*12月30日の礼拝は牧師不在(イスラエル旅行)のため、休会致しました。
*第68回ハーベスト聖地旅行の画像は下記バナーからお進みください。



週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■1月の招詞 ~詩篇22:25-27
25 大いなる会衆の中での私の賛美は 
あなたからのものです。私は誓いを果たします。
種を恐れる人々の前で。

26 どうか 貧しい人々が食べて満ち足り 
主を求める人々が【主】を賛美しますように。
-あなたがたの心がいつまでも生きるように-

27 地の果てのすべての者が 思い起こし 
【主】に帰ってきますように。国々のあらゆる部族も 
あなたの御前にひれ伏しますように。

*本文は新改訳2017より


■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・40(96)せいなるかな
・427(425)つみおもにをのぞくは
・378(385)さかえあれや

メッセージ:「  聖地旅行の恵みと新たなスタート  」 
・聖書箇所 詩篇 1篇 *小野寺望 牧師
2019_01_02_エルサレム

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
聖地旅行の恵みを受けて・・・新しい一年も神様と共に。
(1)  「生きて働く信仰」(2018年3月~19年2月度のテーマ)を覚えて
① み言葉の知的成長と、聖化が伴う信仰生活の両立(目に見えない真理が見える形へ)
・聖化は自力で行うものではなく、救われた者のうちに内住される聖霊の働き。
・その働きを十分に生かすには、み言葉の理解が必要。
・「変えられている」という実感、が先行するのではなく、感情や感覚はみ言葉の理解に伴うもの。

② 聖地旅行で覚える不思議な感覚
・聖地をめぐり、み言葉から当時の景色を思うとき、私たちと共に主が確かにおられると実感する。
・その時、様々な境遇や年代、教会の立場の違いを超えて一人一人を結びつける不思議な力を感じる。
・そのように結び合わされた群れこそ、「キリストの体」と呼ばれるに相応しい、普遍的な教会である。
・様々な状況に個々人の力を生かしつつ、弱い兄姉の不足を補う「自立と共生」が常に働いていた。

|神様が共にいてくださる幸いを味わいつつ、新年を迎える
詩篇1篇の聖書的位置づけ:
①「豊かな人生を歩みたい」と願う者に対する教え
②二つの道の対比を見ることができる。
 a 善と悪の対比  b 命と死の対比  c 祝福との呪いの対比

メッセージのアウトライン
Ⅰ 罪にまきこまれない幸い
Ⅱ 主の教えを喜び、口ずさむ幸い
Ⅲ 主に背を向けない幸い

|ゴール:
1) 水路に植わった木の幸い
2) 鶏鳴教会での体験(ペテロを見つめる優しい瞳)
*このメッセージは、聖地旅行の体験を交えつつ、信者の幸いを学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

12月23日 日曜礼拝(クリスマス)

12月23日 日曜礼拝(190) クリスマス

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■12月の招詞 ~詩篇118篇
21 私はあなたに感謝します。あなたが私に答え 私の救いとなられたからです。
22 家を建てる者たちが捨てた石 それが要の石となった。
23 これは【主】がなさったこと。私たちの目には不思議なことだ。
24 これは主が設けられた日。この日を楽しみ喜ぼう。
*本文は新改訳2017より


■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・75(127)ノエルをばはじめに
・86(138)君なるイエスはいまあれましぬ
・96(148)きよしこのよる

メッセージ:「  羊飼いたちの礼拝-暗き夜に示された光-  」 
・聖書箇所 ルカの福音書 2:8-19 *小野寺望 牧師
クリスマス画像_希望の光バプテスト(1)


■アドベント・聖書メッセージ2018  ― 第3回 ―
↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
*主役不在のクリスマス(本来はキリストの降誕祭)
*キリストの誕生日を確定することは初期の教会においても困難。
*12月25日になった背景
 ・ユダヤ的背景:ハヌカの祭り
 ・ローマ的背景:サトゥルナリアという冬至の祭り
 ・ケルト、ゲルマン人の土着の祭り
*人々はクリスマスに何を求めようとするのか?もっとも楽しむ方法は?
 クリスマスのルーツを受け止めるときに求めるべきものがわかります。


メッセージのアウトライン
Ⅰ メシア誕生の舞台裏
Ⅱ 羊飼いたちのメシア礼拝
Ⅲ マリヤの確信


|ゴール:
1) 救い主は平和の君
*このメッセージはキリストの誕生について学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事