2月9日 日曜礼拝

2月9日 日曜礼拝(247)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■2月の招詞 ~詩篇134:1-3 
1 さあ、【主】をほめたたえよ。※
【主】のすべてのしもべたち 夜ごとに
【主】の家で仕える者たちよ。  ※直訳「祝福せよ」 
2 聖所に向かってあなたがたの手を上げ
【主】をほめたたえよ。
3 天地を造られた【主】が、
シオンからあなたを祝福されるように。

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・474(461)ながしたまいし
・626(591)おそれなく近寄れ
・376(383)ちち・みこ・みたまの

メッセージ:「 互いに愛し合う~愛なる神を知る兄姉 2020年度テーマ聖句を覚えて② 」
・聖書箇所 ヨハネの手紙第一4:6-11 ←カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師
*礼拝メッセージ・エレミヤ書講解は、3月より再開いたします。

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
◆主の愛の内にとどまる(前回のメッセージのゴール)
① 心を新たにされ続ける営み(ロマ12:2 「2019年テーマ」)
② 聖化の主体は聖霊の御業
③ 聖霊にあるいのちと終末の希望
④ 信仰にとどまり続ける勝利(現在形であり、未来形)
⑤ 主の愛の内にとどまる(ヨハ15:4)

◆愛を知る者は愛の実践を
① 愛することは、新しい戒め(キリストの律法、自由の律法)
② キリストの律法は、愛の動機で事をなすならば、すべてを守っていることになる。
③ 内住の聖霊による働き(神の義を全うする力を与えられる)
④ 「愛の実践」はヨハネの手紙第一のテーマである。

メッセージのアウトライン
Ⅰ手紙の中での文脈
Ⅱ救いと愛し合うこと
Ⅲ愛にとどまることによる確信



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply