2月2日 日曜礼拝

2月2日 日曜礼拝(246)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■2月の招詞 ~詩篇134:1-3 
1 さあ、【主】をほめたたえよ。※
【主】のすべてのしもべたち 夜ごとに
【主】の家で仕える者たちよ。  ※直訳「祝福せよ」 
2 聖所に向かってあなたがたの手を上げ
【主】をほめたたえよ。
3 天地を造られた【主】が、
シオンからあなたを祝福されるように。

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・474(461)ながしたまいし
・462(450)なにゆえみか
・376(383)ちち・みこ・みたまの

メッセージ:「 心の一新によって変えられる~2020年度テーマ聖句を覚えて① 」
・聖書箇所 ローマ人への手紙12:2 ←カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師
*礼拝メッセージ・エレミヤ書講解は、3月より再開いたします。

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
◆一昨年、昨年のテーマ聖句を振り返り・・・
(1) 2018年度の目標:「生きて働く信仰」(ヤコブ1:22)
*聞いた真理に行動によって応答する:唇の管理、哀れみ、きよさの追求

(2) 2019年度の目標:「心を新たにされ続けよ」(ロマ12:2)
①「心を新たにする」(従来の訳は「心の一新」)
② 「心」の原語は「ヌース」。知的・道徳的判断の土台(運転席)
③ 「新たに」の原語は、「再び」(アナ)「新しくされる」(カイノス)
 *神に関する知恵、知識、判断力の更新 §2コリ4:16、コロ3:9-10
 *その結果が、主の似姿に変えられてゆく営みとなる。
④ 神的受動態(devine passiveと呼ばれる神学用語)受動+命令形 
⑤〈結果〉何か良いことか、完全であるかを見分ける※。
 ※従来の訳は「わきまえ知るために」(ドキマゾウ):何度も検証した結果、正しいことを知る。


メッセージのアウトライン
Ⅰ正しい「位置」を理解する
Ⅱ聖霊が内住してくださる幸い
Ⅲ信者に約束された勝利
|ゴール:
Ⅰキリストのように愛す
*このメッセージは、心の一新に次いで愛の律法にいざなうものである。



【 33項目の位置的真理 】
*使徒パウロが、「主にあって(in Christ)」と表現する神学用語
*神の視点から見て、信者は従来とは異なる新しい位置(立場)に置かれていること。
*キリストを救い主として受け入れ、信仰により聖霊のバプテスマを授かる瞬間から。
*聖化(キリストのに姿に変えられる)の主体は内住している聖霊のみわざ。
*信者はまず知的に知り、聖霊にゆだね、これらの真理に相応しい歩みを志す。
①贖い 
②和解 
③なだめ
④赦し 
⑤義認 
⑥栄化 
⑦解放 
⑧割礼
⑨神に受け入れられる
⑩御霊の初穂 
⑪神の永遠の計画の中に 
⑫岩(メシア)の上に置かれる 
⑬近い者
⑭聖なる祭司の一員に 
⑮神の国に 
⑯選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民
⑰天国の市民 
⑱神の家族 
⑲養子縁組 
⑳神の子
㉑聖徒の交わりの一部 
㉒主にある光 
㉓天的な関連性 
㉔満ち満ちている 
㉕すべての霊的祝福を所有している 
㉖御父から御子へのプレゼント 
㉗メシアの受け継ぐ遺産
㉘相続人 
㉙律法からの解放 
㉚古い人へのさばきと新しい歩み
㉛父子聖霊に結ばれた
㉜神に近づく 
㉝神の守りのうちに 
 ――以上、フルクテンバウム博士は33項目を挙げる。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply