3月24日 日曜礼拝

3月24日 日曜礼拝(202)
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■3月の招詞 ~詩篇141:1-2
1 【主】よ 私はあなたを呼び求めています。私のところに急いでください。
私があなたに呼び求めるときに 私の声に耳を傾けてください。

2 私の祈りが 御前への香として 手を上げる祈りが 夕べのささげ物として
立ち上りますように。

*本文は新改訳2017より

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・35(93)ふし拝め国たみよ
・629(591)おそれなく近よれ
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「 御使いにも勝る御子③ -受肉がもたらすもの-  」 
・聖書箇所 へブル人への手紙 2:10-18 *小野寺望 牧師
講解 ヘブル人への手紙


↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
1 前回までの文脈
(1)手紙の背景
① 手紙の宛先は、信仰が後退しつつあった第二世代のメシアニック・ジュー
② 後退の要因は、激しい迫害と誤った教理に直面したこと。
③ 後退の結果、元居たユダヤ教(旧約聖書+口伝律法)に回帰しようとしていた。
④ 信仰を正し、励ますために、至高なる御子を思い出させようとした。

(2)「御使いに勝る御子」を論証する3つの段階
① 御子の神性(すぐれた御名)・・・1:1-14
② 御子の人性(万物の支配者)・・・2:5-9
③ 御子がもたらした救い・・・2:10-18
*御子は人間を救うが、天使は救わない。・・・御子>人間>天使

(3)今日のテーマは 「受肉」は何をもたらすのか
*神であられるお方が、人の姿を取ってお生まれになられたこと。
① 日本人の神概念へのチャレンジ
② 御子の遜りを知る

メッセージのアウトライン
Ⅰ 御子は多くの神の子を栄光に導く(10-13節)
Ⅱ 御子は死の力を滅ぼす(14-15節)
Ⅲ 御子は人を救う(16-18節)

|ゴール:
1) 「救いの創始者」と大祭司
2) 御子の人性が教えるあるべき人間観
*このメッセージは、御子の受肉の恩恵を学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply