2月24日 日曜礼拝

2月24日 日曜礼拝(198)
*記事のカテゴリーについて:2018年度最終回。3月より「日曜礼拝[2019年]」となります。

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■2月の招詞 ~詩篇103:1-2  *本文は新改訳2017より
 ダビデによる
 1 わがたましいよ 【主】をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ 聖なる御名をほめたたえよ。

 2 わがたましいよ 【主】をほめたたえよ。主がよくしてくださったことを何一つ忘れるな。

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・456(469)さかえの王にます主の
・283(302)たちあがれいざ
・376(384)ちち・みこ・みたまの

■メッセージ:「  心を新たにされ続けよ④ (全4回)  」 
聖書箇所 ローマ人への手紙 12:1-2
 ほか *小野寺望 牧師
2019年テーマ聖句

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
|2019年のテーマは「心を新たにされ続けよ」ロマ12:2
*「心の一新による」とは
 ① 「心」の原語は「ヌース」。知的・道徳的判断の土台(運転席)
 ② 「一新」(アナカイノウシス)は「再び」「新しくされる」の意味
   神に関する知恵、知識、判断力の更新 §2コリ4:16、コロ3:9-10
   その結果が、主の似姿に変えられてゆく営みとなる。

|「キリストにあって」(位置的真理):キリストとの不思議な一体化に伴う。
* 義認・聖化・栄化はこの真理による:神からの見られ方、立場の変化。
     →聖霊のバプテスマの後、すでに主との一体化されている。
* 位置と実践:信者はこの真理を基に、ふさわしい生活を志し、聖霊が聖化する。

【主な位置的真理-33項目-】
①贖い ②和解 ③なだめ④赦し ⑤義認 ⑥栄化 ⑦解放 

⑧割礼 ⑨神に受け入れられる ⑩御霊の初穂 ⑪神の永遠の計画の中に ⑫岩(メシア)の上に置かれる ⑬近い者 
⑭聖なる祭司の一員に ⑮神の国に ⑯選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民 

⑰天国の市民 ⑱神の家族 ⑲養子縁組 ⑳神の子 ㉑聖徒の交わりの一部 ㉒主にある光 ㉓天的な関連性 ㉔満ち満ちている ㉕すべての霊的祝福を所有している 

㉖御父から御子へのプレゼント ㉗メシアの受け継ぐ遺産 ㉘相続人 ㉙律法からの解放 ㉚古い人へのさばきと新しい歩み ㉛父子聖霊に結ばれた ㉜神に近づく ㉝神の守りのうちに  
※2011年フルクテンバウムセミナー『聖書が教える救いとは』より

| メッセージのアウトライン
Ⅰ 天国の市民(Citizens of heaven)
Ⅱ 神の家族の一員(In the family of God) ・養子縁組(Adoption)・神の子(Children of God)
Ⅲ 聖徒の交わりの一部(Part of the fellowship of the saints)
Ⅳ 主にある光(Light in the Lord)
Ⅴ 天的な関連性(Heavenly associations)
Ⅵ 父なる神から子なる神への贈り物(A gift from God the father to God the son)
Ⅶ 神に近づくこと(Access to God)
※33項目中、⑭、⑯、㉔、㉕、㉗~㉛に関しては、メッセージ中で軽く触れる程度にし、掲載スペースの都合上アウトラインからは割愛しております。

|ゴール:心を新たにしてゆく(いただく)ために・・・
1) 信者は神の大いなる守りの中にある ― ルカ12:24
位置的真理として挙げる33項目の最後
2) 信者は既に満ち満ちている ― コロ2:10
*「満ちている」とは欠けがない、ということ。⇔「未割礼」・・・欠けがある。未完成。不十分。
*クリスチャンであっても、今の歩みや行為の中には依然として欠けがあるだろう。しかし位置的真理によれば、すでに満ち満ちている。そう、共にいてくださるメシア・キリストにあって・・・

*これらを受け止めて、信頼し、喜んで応答してゆく人は幸いである。その歩みは、きっと大胆に神を証しすることだろう。「私なんかは用いられない」と、いつわりの謙遜にとどまらず、まずみ言葉から日々の歩みを通して応答しよう。主はあなたと共にいて、その心を変えてくださいます。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply