ユダヤ人信者も「キリストの体」(普遍的教会)

■ ユダヤ人信者も「キリストの体」(普遍的教会
イスラエルへの祈り(「月刊ハーベスト・タイム」より)――― 詩篇122:6”エルサレムの平和のために祈れ”

*探求と発見
 イスラエル聖書大学のエレツ・ソレフ学長は、次のように語っている。イスラエルの反宣教団体は、福音が広がるのを防ぐためにあらゆることをする。かつてのパウロ(サウロ)のように、そうすることで神に仕えようと思っている。その手段の一つが、『Searching(探求)』と題する雑誌の出版だ。

 この雑誌は、霊的な探求をしているユダヤ人のためのものと見せかけているが、実はイスラエルメシアニックジューを標的にしており、真実に偽りを混ぜ、聖書を曲解して教えている。実際に国内のメシアニック・ジューのほとんどがこの雑誌を送りつけられている。
 
 そこで、この『Searching(探求)』に対抗するために雑誌『Finding(発見)』を編集し、メシアであるイェシュアの真理と光を読者に届ける働きを始めた。どうぞこの雑誌が多くの人々に届くように・・・

*イスラエル聖書大学(ONE FOR ISRAEL Ministry)は、ユダヤ人に対して聖書の正しい理解を伝えることを目的とした団体です。
*インターネットの発達は、ラビ(ユダヤ教の教師)的伝承を無批判に受け入れている人々の目を、もう一度旧約聖書そのものに向けさせ、結果イェシュア(イエス)こそメシアであると告白するユダヤ人たちが起こされています。

”それからイエスは、モーセおよびすべての預言者から初めて、聖書全体の中で、ご自分について書いてある事がらを彼らに説き明かされた” ~ ルカの福音書24:26

*希望の光バプテスト教会は、ハーベスト・タイム・ミニストリーズを通してユダヤ人の救いを祈り、応援しております。



*イエスを信じてもユダヤ人はユダヤ人

 イェシュア(イエス)を信じるイスラエル人の青年たちが、ネットを使ってメディア・キャンペーンを始めた。その目的は、イェシュアを信じるユダヤ人が、ユダヤ民族とイスラエル国家にとって不可欠な一員であることを人々に理解してもらうためである。

 このグループは、「私たちはイスラエル」という旗印の下に、「イェシュアを信じてもユダヤ人はユダヤ人」である理由を語ったヘブル語ウェブサイトを公開した。また、このキャンペーンの皮切りに、過去に自分たちに起きた出来事の再現ビデオをYouTubeに投稿している(現在は削除されている)。

 イエスとクリスチャンに対するユダヤ人の偏見が、取り除かれるように・・・
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply