1件ずつ表示 
2017.06.26 Mon

6月18日 日曜礼拝

6月18日 日曜礼拝(111)
父の日を覚えて
天候:曇りのち雨
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。

聖書アイコン


■賛美(聖歌より。括弧内は旧番号) 
・604(570)雨をふりそそぎ
・421(420)父なるみかみに
・377(384)すべてのめぐみの

■メッセージ:「 父なる神と御子の関係から学ぶ 」 
・聖書箇所 詩篇103:13-14 ほか
父の日バナー

■父の日の由来
・アメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット婦人の提唱による。

・彼女の父ウィリアム・ジャクソン・スマートは妻に先立たれ、ドット婦人ら6人の兄弟を男手一つで育てあげた。

・そんな父に育てられた彼女は「母の日」の存在を知り、父に感謝する日も必要であると、1909年6月19日(第三日曜日)に制定することを提唱。

・その後、この行事は各地へ広まり、1916年にはアメリカ全土で行われるようになった。アメリカで正式に祝日となったのは、1972年のことである。

・日本では1950年頃から広まり始め、一般的な行事となったのは1980年代である。ファーザーズ・デー委員会という団体の「父の日黄色いリボンキャンペーン」が、幸福や希望の象徴である「黄色」をイメージカラーとし、その年話題になったお父さんにイエローリボン賞を贈っている。

・しかし、花は特定されていないため、一般では「黄色いバラ」や「白いバラ」、子の愛という花言葉をもつ「ユリ」などが贈られている。
関連記事

続きを読む
Category: 日曜礼拝 Comments (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする: