5月28日 日曜礼拝

5月28日 日曜礼拝(108)
天候:晴れ
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。

聖書アイコン


■賛美(聖歌より。括弧内は旧番号) 
・35(93)ふし拝め国民よ
・497(480)輝く日をあおぐ時
・376(383)ちち・みこ・みたまの

■メッセージ:「 千年王国(75日の移行期間と御国の後) 」 
・聖書箇所 ヨハネの黙示録 20:4-10 ほか

■理解のポイント
*黙20章の理解の立場と3つの千年王国説
・本来は千年王国前再臨説。その後、無千年王国説、千年王国後再臨説の順に生まれた。
・20章を字義通り、時間順に取るか、それとも比ゆ的に、時系列を前後させたりしてとるか、終末論理解の試金石とされてきた。
・20章の内容は、19章で出来事を順々に説明する際、何度も用いられる「また」(ギ:カイ)の一つである。
・章や節は事後的に付されたもので、20章は19章の続きとして同様に字義通り、順々に起こると理解するのが正しい。

*千年王国への移行期間
・キリストと共にある教会時代の聖徒たちによる統治
・大患難時代の聖徒たちの復活と統治。

・御国とは?黙示録があって初めて分かること
・黙示録と旧約聖書(特に御国に関する預言)は一体であり、互いに補完し合う。

*二つの復活
・二つの復活の比較
・実在する永遠の死と永遠の滅び

*千年王国の最後
・解き放たれるサタンについて
・サタンのさばき
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply