4月16日 日曜礼拝

4月16日 日曜礼拝(102)
天候:晴れ
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。

聖書アイコン


■賛美(聖歌より。括弧内は旧番号) 
・402(402)丘に立てるあらけずりの
・127(127)はかのなかに
・378(385)さかえあれや

■メッセージ:「 キリストの復活③ 復活はいのちの初穂 」 
・聖書箇所 ローマ人への手紙 1:1-4 ほか

*理解のポイント
・肉によれば(人としては)ダビデの子孫として生まれた。
・聖い御霊によって、復活により公に神の御子として示された。つまり、復活は神性の証明。
・福音が持つ力の根拠は、イエスの二性とそれ故に実現した死と復活にある。
・イエスの死は私たちの身代わりであり、私たちがしたことになっている。
・イエスの復活は私たちの先駆けであり、私たちも後に同じ体験をすることが決まっている。そしてそのメッセージを受け入れた者は、既に霊的に新生している。
・使徒ヨハネは十字架上でイエスが流した水と血を、新約聖書の自らの手紙で永遠のいのちの根拠としている。

・聖書の確信を得るには(ジャック・ヘイフォード牧師の5ポイント)・・・最終的には聖霊の働きと人間の側の応答。
・「Post Truth」の時代、「どの宗教でも正しい」「真実は分からない」これまで思い込みを捨て、人々が数ある宗教の中から正しさを求めようとするとき、聖書に敵うものはない。黙ってはならない。みことばから真実を語り続けよう。

関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply