牧師の学び・再臨待望聖会(11/3)

牧師の学び・再臨待望聖会行ってきました!

11/3(木・文化の日)、ハーベスト・タイム主催、第7回再臨待望聖会に行ってきました。
 今回も会場である淀橋協会(定員650人)がいっぱいになるくらい朝から集まっていましたね。講師は正統派ユダヤ教徒の立場からキリストを信じたアーヴィン・サルツマン師(通訳 中川健一師)。終末論(ディスペンセーションに基づく)とユダヤ人伝道の重要性について、教えていただきました。

第7回再臨待望聖会1

第7回再臨待望聖会2
第60回聖地旅行の仲間とも再開!

 あなたの状況がたとえ曇天や嵐のようであったとしても、天を見上げるとき、その向こうはいつも晴れている。まばゆく光り輝く主の栄光に満ちた天を思い、なぐさめをいただきましょう。主の栄光のもとで再会するときを覚え、喜び・希望を見出しましょう。

第7回再臨待望聖会ポスター
◆ リンク:ハーベスト・タイムHP 再臨待望聖会紹介ページ
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply