異邦人諸国への祈り2016〈 エジプト・アラブ共和国 〉

異邦人諸国への祈り2016《 23 》

 迫害が厳しい国々の状況を毎週ひとつずつ「クリスチャン迫害国 ワースト50」より紹介します。イスラエルに加えて、すべての人のために、すべての聖徒のために祈りましょう。

 参照・・・1テモテ2:1、エペソ6:18、ヘブル13:3


◆エジプト・アラブ共和国(首都:カイロ)
◆人口:8730万人(クリスチャン1000万人)/主宗教:イスラム教
◆政治体制:共和制/迫害の主体:イスラム過激派
エジプト国旗

 2011年の大規模なデモによって、30年間統治してきたムバラク大統領が辞任に追い込まれた。2012年5月の大統領選挙で選ばれたムスリム同胞団のムハンマド・ムルシも、軍のクーデターにより2013年に辞任に。クーデターを主導したシーシ前国防相が現大統領。

 イスラム教徒が大半であるにもかかわらず、中東最大のキリスト教共同体が存在し、中東のキリスト教人口の3/4(約1千万人。主にコプト教徒)が生活している。これまではイスラム教から回心した人々が迫害の対象であったが、ムスリム同胞団の台頭により、伝統的なコプト教徒も迫害の対象になっている。エジプト内外のクリスチャンたちが一致して迫害に立ち向かうことができるように。

エジプト地図
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply