異邦人諸国への祈り2016〈 カタール 〉

異邦人諸国への祈り2016《 22 》

 迫害が厳しい国々の状況を毎週ひとつずつ「クリスチャン迫害国 ワースト50」より紹介します。イスラエルに加えて、すべての人のために、すべての聖徒のために祈りましょう。

 参照・・・1テモテ2:1、エペソ6:18、ヘブル13:3


◆カタール国(首都:ドーハ)
◆人口:210万人(クリスチャン21万人)/主宗教:イスラム教
◆政治体制:首長制/迫害の主体:イスラム過激派、独裁政権

カタール国旗


 ペルシャ湾に面したアラビア半島東部に位置する。国民の生活水準は高く、国民一人当たりのGDPは世界第3位(2010年)。しかし、人口の大半は外国人労働者が占めており(人口の9割)、その待遇は内国人と比べものにならない程に低い。

 1995年に前首長のハマドが父リーファの外遊中に無血クーデターで政権を奪取すると、改革を推進。「中東のCNN」と呼ばれるアルジャジーラは、ハマド前首長の財政的支援を受けて設立された。

 カタールの国教は、イスラム教スンニ派で最も厳格なワッハーブ派である。カタール人は生まれつきイスラム教徒とされ、キリストを信じることは背教罪で死刑に処することができるが、刑が執行された前例はない。

 国内のクリスチャンのほとんどが外国人労働者。2008年にはイスラム教が起こる7世紀以降初めて国内に教会が建った。海外生活を経験したカタール人の中で信じる者が起こされている。ラジオ・インターネット等も用いられている。

カタール地図
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply