異邦人諸国への祈り2016〈 トルクメニスタン 〉

異邦人諸国への祈り2016《 20 》

 迫害が厳しい国々の状況を毎週ひとつずつ「クリスチャン迫害国 ワースト50」より紹介します。イスラエルに加えて、すべての人のために、すべての聖徒のために祈りましょう。

 参照・・・1テモテ2:1、エペソ6:18、ヘブル13:3


◆トルクメニスタン(首都:アシガバード)
◆人口:540万人(クリスチャン9万5千人)/主宗教:イスラム教
◆政治体制:一党独裁制/迫害の主体:独裁政権、組織的腐敗
トルクメニスタン国旗


 旧ソ連の南端に位置する中央アジアの国。1991年のソ連崩壊に伴い独立。独立後の初代大統領サバルムラト・ニヤゾフは、個人崇拝に基づく独裁体制を敷き、2006年に没するまで終身大統領として君臨。
 二代目のメルディムハメドフはそれを廃して改革を進めたが、今では独裁的になり、メディア規制や個人崇拝の方向へ進む。この国では経済的、社会的、文化的に突出した集団が台頭しないように、国全体を厳格な統制下に置いている。

 教会も例外ではなく、政府は教会を宗教諮問委員会や警察、情報機関を通して監視している。公認として活動を認められるロシア正教などに対し、他の非公認教会の活動は違法とされる。イスラム主体のトルクメン人の教会が公認を受けることは難しい。
トルクメニスタン地図
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply