異邦人諸国への祈り2016 これから祈ってゆく国々をご紹介

異邦人諸国への祈り

 クリスチャンにとって激しいがある国々とその下にある聖徒たちを覚えて、毎週ひとつずつキリスト教宣教団体オープン・ドアーズ「ワールドウォッチリスト」より紹介します。我が国の同胞たちやイスラエルに加えてすべての聖徒のために祈りましょう。

 迫害さえも神にとっては想定外のことではなく、すべては神の許しのもとに、目的があってのこと。どうか他のクリスチャンが祈る機会として用いてください。人々が受けている困難の痛みを哀れみ、かえって信仰が強まる機会としてください。まことの神を知らない人々がそれを見て立ち返る機会としてください。神様、あなたの御手のわざをどうか明確に見せてください。

§参照・・・1テモテ2:1、エペソ6:18、ヘブル13:3


◆今年祈る50の国々
 北朝鮮、イラク、エリトリア、アフガニスタン、シリア、パキスタン、ソマリア、スーダン、イラン、リビア、イエメン、ナイジェリア、モルディブ、サウジアラビア、ウズベキスタン、ケニア、インド、エチオビア、トルクメニスタン、ベトナム、カタール、エジプト、ミャンマー、パレスチナ自治区、ブルネイ、中央アフリカ、ヨルダン、ジブチ、ラオス、マレーシア、タジキスタン、チュニジア、中国、アルジェリア、バングラデッシュ、タンザニア、アルジェリア、ブータン、コモロ、メキシコ、クウェート、カザフスタン、インドネシア、マリ、トルコ、コロンビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、ニジェール、オマーン(以上、全50か国)
◆ 参照聖句

・1テモテ2:1
 そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。

・エペソ6:18
 すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。

・ヘブル13:3
 牢でつながれている人々を自分も牢にいる気持ちで思いやり、また、自分も肉体を持っているのですから、苦しめられている人々を思いやりなさい。
→文脈上、第一義的には信仰ゆえに迫害を受けているクリスチャンを指す。
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply