異邦人諸国への祈り〈 アラブ首長国連邦 〉

異邦人諸国への祈り《 10 》

 迫害が厳しい国々の状況を毎週ひとつずつ「クリスチャン迫害国 ワースト50」より紹介します。イスラエルに加えて、すべての人のために、すべての聖徒のために祈りましょう。
 参照・・・1テモテ2:1、エペソ6:18、ヘブル13:3


◆アラブ首長国連邦(首都:アブダビ)
◆人口:950万人(クリスチャン40万人)/主宗教:イスラム教
◆政治体制:首長国連邦制/迫害の主体:イスラム過激派
 アラビア半島東部の7つの首長国からなる連邦国家。近年はドバイが中東の金融の中心となり、また、観光リゾート地としても発展。人口の8割は外国人労働者である。

 国教はイスラム教で、国民は全員イスラム教徒とみなされている。外国人労働者には礼拝の自由が与えられているものの、イスラム教徒の国民への伝道は禁じられている。別宗教に改宗するイスラム教徒への罰則は死刑。キリストに回心した者が家族によって殺される(名誉殺人)というような行為から守られるように。またクリスチャン(ほとんど外国人労働者たち)を通していかなる形であれ、救い主キリストが働いてくださり、霊の目が開かれるように。
関連記事
希望の光バプテスト教会
Posted by希望の光バプテスト教会

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply