| main |
2018.06.30 Sat

イスラエルへの正しい理解を

■ イスラエルへの正しい理解を
イスラエルへの祈り(「月刊ハーベスト・タイム」より)――― 詩篇122:6”エルサレムの平和のために祈れ”

*考古学と聖書
 ラマラの北西30キロにあるキブヤ洞窟で発掘調査をしていたバル・イラン大学と、アリエル大学の考古学者らが、古代の硬貨を発掘した。

 これは、紀元2世紀のバル・コクバの乱時代に発行された硬貨である。それ以外にも、多数の陶器の破片やガラスなども発見された。これらの遺物は、紀元70年にエルサレムが崩壊して以降のユダヤ人の歴史に光を当てるものである。

考古学がますます発展し、(未信者から見て)聖書の信頼性が高められるように・・・



*ユダヤ人に対する偏見
 パレスチナ自治政府のアッパス議長は、5月2日の議会演説で「ホロコーストの悲劇は、ユダヤ人が高利貸しなどを行ったからだ」と暴言を吐き、国際世論の批判を浴びた。
 国連の中東大使のムラデノフ氏も「ホロコーストの軽視や否定は危険」と警告した。反ユダヤ主義が広がることのないように・・・



*イスラム過激派の思想的背景
 2年ほど前に、イスラム国のハッカー部隊が、米兵百名の名前と住所を公表し、在米のイスラム教徒たちに「始末せよ」と呼びかけることがあった。

 その際、コーランの二か所が引用された。①スーラ9:123「進行する者よ、あなたがたに近い不信者と戦え」②スーラ9:14「かれら(=異教徒)と戦え。アッラーはあなたがたの手によって、かれらを罰して屈辱を与える。」

 さらに預言者ムハンマドの言行録「ハディース」の引用である。「不信者を殺し、それからイスラームに帰依する者について、アブー・フライラは伝えている。アッラーのみ使いは、『不信者とそれの殺害者が地獄でともに集うことは絶対ない』と申された」(サッフームムスリム)。この句から、不信者を殺すならばその者は救われていると教える。イスラム教徒の目が聖書の真理に開かれるように。



*アラブ人クリスチャンの兵士のために
 イスラエル国防軍で兵役についているアラブ人クリスチャンが、言葉と身体の暴力にあっているという記事が、『イディオト・アハロノト』紙に掲載された。
  
 ののしられ、脅され、時に殴られ、投石もされるという。危害を加えるのは、アラブ人クリスチャン兵士を裏切り者と考えるイスラム教徒の隣人たちである。特に故郷に残した家族と、彼ら自身が守られるように・・・

続きを読む
関連記事
Category: イスラエル Comments (0)
2018.06.30 Sat

ユダヤ人宣教団体「ONE FOR ISRAEL」 動画翻訳版のご案内

ユダヤ人宣教団体 ONE FOR ISRAEL 
http://www.oneforisrael.org/
ONE FOR ISRAEL
「ONE FOR ISRAEL」がメディア伝道団体から受賞!
先日「ONE FOR ISRAEL」が制作・公開している動画「I Met Messiah 」(私はメシアに出会った)シリーズが、NRB(National Religious Broadcasters)の国際部門賞を受賞しました。受賞理由は、「神の栄光のために最高のものを目指す」という姿勢が評価されたそうです。この度は受賞おめでとうございます。


◆「メシアを信じたユダヤ人」 動画翻訳版のお知らせ
 イスラエル聖書大学によるユダヤ人宣教プロジェクト「ONE FOR ISRAEL」のシリーズ動画「メシアを信じたユダヤ人」が、ハーベスト・タイム・ミニストリーズのホームページにて日本語字幕版が公開されています。

6/30現在で、以下8タイトルがご覧いただけます。
#1「シナゴーグの偽善の中で育ったユダヤ系イスラエル人が真の神と出会う」
#2「精神科医によって癒せなかったことを、イエシュアが癒してくださった」
#3「お父さん、ホロコーストの時に神様はいたの?」
#4「ユダヤ人のリブカはイエシュアを信じたことによって父親にぶたれました」
#5「彼らの聖書が間違っていると証明しようとしたが…もしかすると目を覚ます時なのかもしれない」
#6「イスラエル人女性のルーシーはイエシュアをメシアだと受け入れました!」
#7「学校はとても苦痛のところでした。あの人に会うまでは」
#8「偽預言者の手に自分の命を委ねてはならない!」



◆またYouTubeでも一連の動画をご覧いただけます。
ハーベスト・タイム・ミニストリーズ「日本語字幕 メシアを信じたユダヤ人の証言」
#1「シナゴーグの偽善の中で育ったユダヤ系イスラエル人が真の神と出会う」より

続きを読む
関連記事

タグ : キリスト 聖書 エルサレム ユダヤ ハーベスト・タイム メシアニックジュー クリスチャン

Category: イスラエル Comments (0)
2018.06.30 Sat

6月24日 日曜礼拝

6月24日 日曜礼拝(164)

週の初めに皆で集い、礼拝聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・414(414)重荷をおいて
・642(604)のぞみも消えゆくまでに
・377(384)すべてのめぐみの

■メッセージ:「  恵みが拒否される現実① イスラエル人の特権 」 
聖書箇所 ローマ人への手紙 9:1-5

講解 ローマ人への手紙




希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝
続きを読む
関連記事

タグ : キリスト 教会 聖書 礼拝 日曜 希望の光 多摩市 ロマ書

Category: 日曜礼拝2018 Comments (0)
2018.06.25 Mon

6月17日 日曜礼拝

6月17日 日曜礼拝(163)

週の初めに皆で集い、礼拝聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・462(450)なにゆえみかみは
・538(520)ただ主を
・376(383)ちち・みこ・みたまの

■メッセージ:「  ゆるぎない確信と賛美の歌を 」 
聖書箇所 ローマ人への手紙 8:31-39

講解 ローマ人への手紙



父の日を覚えて・・・由来の紹介
 5月の第二日曜日に母の日ができたこと※を知って、「母の日に続いて父の日も!」とジョン・ブルース・ドット夫人(ソノラ)が牧師協会へ嘆願したのがきっかけで、アメリカの教会文化から起こった習慣。
母の日の由来はこちらから
 ソノラの父が南北戦争で留守の間、母は自分を含め6人の子どもを一生懸命育てました。しかし夫が復員すると、すぐに母は過労で天に召されました。その後、母の意志を継いで生涯独身で家庭を守った父の労をねぎらいたい、という思いからソノラは嘆願を出したのでした。

父の日バナー



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝
続きを読む
関連記事

タグ : 教会 聖書 礼拝 日曜 希望の光 多摩市 父の日

Category: 聖書の学びについて Comments (0)
2018.06.13 Wed

6月10日 日曜礼拝

6月10日 日曜礼拝(162)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


■賛美(聖歌より。括弧内は旧番号) 
・462(450)なにゆえみかみは
・625(588)主とともにあゆむ
・376(383)ちち・みこ・みたまの

■メッセージ:「  将来の栄光 神の摂理と運命論 」 
・聖書箇所 ローマ人への手紙 8:28-30

講解 ローマ人への手紙



◆先日〈5/30(水)31(木)〉催された、BGGS主催のバイブルカンファレンス2018のご報告はこちらからどうぞ。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝
続きを読む
関連記事
Category: 日曜礼拝2018 Comments (0)
2018.06.07 Thu

6月3日 日曜礼拝

6月3日 日曜礼拝(161)

週の初めに皆で集い、礼拝聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


■賛美(聖歌より。括弧内は旧番号) 
・462(450)なにゆえみかみは
・625(585)この身の生くるは
・376(383)ちち・みこ・みたまの

■メッセージ:「 今ある苦しみの本質② 神の子のうめき  」 
聖書箇所 ローマ人への手紙 8:23-27

講解 ローマ人への手紙



◆先日〈5/30(水)31(木)〉催された、BGGS主催のバイブルカンファレンス2018のご報告はこちらからどうぞ。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝
続きを読む
関連記事

タグ : キリスト 教会 聖書 礼拝 日曜 希望の光 多摩市 バプテスト ユダヤ ロマ書

Category: 日曜礼拝2018 Comments (0)
2018.06.05 Tue

5月27日 日曜礼拝

5月27日 日曜礼拝(160)

週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン


■賛美(聖歌より。括弧内は旧番号) 
・462(450)なにゆえみかみは
・469(456)さかえの王にます主の
・376(383)ちち・みこ・みたまの

■メッセージ:「 今ある苦しみの本質① 被造物のうめき  」 
・聖書箇所 ローマ人への手紙 8:18-22

講解 ローマ人への手紙



【 週報内の新企画のお知らせ 】
*毎回礼拝参加者にお配りする週報にて、新コーナー「シオンからみおしえが」を始めました。イスラエル聖書大学(ICB)のユダヤ人伝道プロジェクト「ONE FOR ISRAEL」のエイタン・バール師のメッセージを紹介しております。ユダヤ教のラビの教えでは神の前に立つことはできないこと、唯一の道はイエス・キリストを信仰によって受け入れ、主を通して神に近づくのみである。


希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝
続きを読む
関連記事
Category: 日曜礼拝2018 Comments (0)
2018.06.02 Sat

GBBSバイブルカンファレンス2018

【GBBSカンファレンス2018の報告】

 グレース・バプテスト神学校(以下GBBS)主催のバイブルカンファレンスが、5/30(水)、31(木)の二日間にわたり催されました。GBBSは当教会牧師の出身神学校です。当教会では、多忙の中、東北諸地域から集い教鞭をとられる先生方の働きに感謝しつつ、祈りと献金によって応援しております。今回も牧師が両日参加いたしました。

 今回は愛知県から、蒲郡(がまごおり)バプテスト教会牧師、そして保育園「光の園」園長でもあられる浅田朗先生をお招きし、「神の恵みによる教会成長」というテーマで、4回のメッセージと2回のセミナーを用意してくださいました。

◆ メッセージ  
①教会の正しい理解に基づく教会成長 ②福音宣教を通した教会成長 ③試練を通した教会成長 ④正しい神学に基づく教会成長。

◆ テーマ聖句
エペソ人への手紙 4章12-13節 “それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり、”“ついに、私たちがみな、信仰の一致に達し、完全におとなとなって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためなのです” (新改訳第3版)

◆ セミナー
①幼児教育から学んだこと 
*子どもに関連して学べる主イエスの教え *聖書が教える親と子どもとの関わり方 *光の園経営&運営上の問題や失敗、そして主の訓練と恵み

②キリスト教弁証論(未信者からの質問への備え)
*疑問や質問は誰にでもある *聖書は信頼できるの? *聖書は間違いだらけ? *神は本当に存在するの? *進化論の問題点

◆ メッセンジャー(浅田 朗師)紹介 
*1971年、大阪で生まれる。千里ニュータウンBCで信仰を持つ。大阪府立大学、テンプルバプテスト神学セミナリー卒。1999年結婚、蒲郡バプテスト教会牧師就任。その後、光の園園長となり現在に至る。


◆ カンファレンスの模様
*浅田師 第1回目のメッセージ
カンファレンス2018①
*神学生賛美(1日目午後)
カンファレンス2018②
*記念撮影(2日目午前のメッセージ後)
カンファレンス2018③

*カンファレンスプログラムと講義資料
カンファレンス2018④


◆ 追伸 
①バングラデッシュで医療伝道の働きをしておられる富岡師(GBBS第一期卒業生)が1日目に参加され、今年も宣教活動について報告してくださいました。
②現神学生3名(内、2名本科生と1名聴講生)の学びも、いよいよあと一年となりました。このまま本科生2名の学びが順調に進めば、来年(2019年6月12(水)13(木))のカンファレンスの最後に卒業式が予定されております。お祈りください。


◆グレース・バプテスト神学校のブログへはこちらから
GBBSロゴ

希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝

続きを読む
関連記事
Category: 関連教会・神学校 Comments (0)