| main |
2016.06.30 Thu

6月26日 日曜礼拝

6月26日 日曜礼拝(60) 
天候:晴れ

■賛美(聖歌より。括弧内は旧番号) 
・44(100)しずかに神と
・511(493)わがとも主イエスは
・378(385)さかえあれや

■メッセージ:「二つの時が満ちる日~永遠の滅びと救い~」 
ヨエル書3:9-21 ほか

続きを読む
関連記事
Category: 日曜礼拝 Comments (0)
2016.06.27 Mon

異邦人諸国への祈り2016〈 ナイジェリア連邦共和国 〉

異邦人諸国への祈り2016《 13 》

 迫害が厳しい国々の状況を毎週ひとつずつ「クリスチャン迫害国 ワースト50」より紹介します。イスラエルに加えて、すべての人のために、すべての聖徒のために祈りましょう。

 参照・・・1テモテ2:1、エペソ6:18、ヘブル13:3


◆ナイジェリア連邦共和国(首都:アブジャ)
◆人口:1億8230万人(クリスチャン8050万人)/主宗教:イスラム教、キリスト教
◆政治体制:連邦共和制/迫害の主体:イスラム教過激派

 アフリカ最大の人口を有する国。ギニア湾に面するナイジェリア海岸は、かつて「奴隷海岸」と呼ばれ、南北アメリカに奴隷を送る拠点となっていた。イスラム教を受け入れた北部と、ヨーロッパの影響でキリスト教を受け入れた南部に分かれる。

 北部の12州ではシャリーア(イスラム法)が敷かれ、少数派のクリスチャンたちは迫害を受けているが、その中心的役割を果たすのが、アルカイダ系のイスラム武装勢力「ボコ・ハラム」である。さらに一般市民も過激派を支持し、暴力行為を許容している。「オープン・ドアーズ」によると。2015年に殺害されたクリスチャンは4028人(前年比62%増)。ボコ・ハラムや、彼らを支持する人々が、まことの神に出会えるように。

続きを読む
関連記事
Category: 異邦人諸国への祈り Comments (0)
2016.06.25 Sat

イスラエル聖地旅行6日目の動画です!

イスラエル聖地旅行 2014年12月25日-2015年1月2日

6日目はガリラヤを出発し、地中海沿いに回って再びエルサレムに上る旅です。ご覧ください。




聖地旅行バナー

希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝
続きを読む
関連記事
Category: イスラエル Comments (0)
2016.06.21 Tue

6月19日 日曜礼拝

6月19日 日曜礼拝(59) 父の日を覚えて
天候:晴れのち雨

■賛美(聖歌より。括弧内は旧番号) 
・44(100)しずかに神と
・427(425)つみおもにをのぞくは
・378(385)さかえあれや

■メッセージ:「神の内に見る、あるべき父」 ヘブル書12:1-14
続きを読む
関連記事
Category: 日曜礼拝 Comments (0)
2016.06.21 Tue

クネセットで議員たちによる聖書研究

クネセット(国会)の聖書研究
イスラエルへの祈り(「月刊ハーベスト・タイム」より)――― 詩篇122:6”エルサレムの平和のために祈れ”

 クネセット(イスラエル国会)では、聖書研究会が毎月一度開催されている。そこには、宗教的右派から世俗的シオニスト、ロシア系移民の議員まで、さまざまな立場の議員が集う。その中にはアラブ系議員もいて、ユダヤ人議員と共に聖書を学んでいる。
 聖書を通して、イェシュア(イエス)がユダヤ人のメシアであること、世の救い主であることに国会議員たちの目が開かれるように。

【2014.12.31 聖地旅行にて撮影】
クネセット

続きを読む
関連記事
Category: イスラエル Comments (0)
2016.06.21 Tue

異邦人諸国への祈り2016〈 イエメン共和国 〉

異邦人諸国への祈り2016《 12 》

 迫害が厳しい国々の状況を毎週ひとつずつ「クリスチャン迫害国 ワースト50」より紹介します。イスラエルに加えて、すべての人のために、すべての聖徒のために祈りましょう。

 参照・・・1テモテ2:1、エペソ6:18、ヘブル13:3


◆イエメン共和国(首都:サヌア)
◆人口:2650万人(クリスチャン数千人)/主宗教:イスラム教
◆政治体制:共和制/迫害の主体:イスラム教過激派

 サウジアラビアの南に位置し、紅海を挟んで対岸にソマリアが位置する。民主化運動「アラブの春」で2012年に現大統領のハディ氏が選出されるが、イスラム教シーア派武装組織「フーシ派」の武装蜂起などで、国は内戦状態に陥った。
 内戦は主にサウジアラビアの支援を受けるハディ政権と、イランの支持を受けるフーシ派の戦いとなっており、代理戦争の様相を呈している。さらにイスラム過激派の「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」や「イスラム国(IS)」も参戦し、混乱に拍車をかける。食糧危機が深刻で人道危機に。 
     
 クリスチャン数千人というのは推定であり、ほぼ外国人労働者やエチオビア難民。国教はイスラム教で、イスラム法(シャリーア)に基づくため、イエメン人の改宗や、それを促す宣教行為は禁じられる。裁判なしに投獄することも可能で、仮に政府の手を逃れても、「背教者には死をもって報いる」という過激派の襲撃の危険にさらされている。
続きを読む
関連記事
Category: 異邦人諸国への祈り Comments (0)
2016.06.20 Mon

「耳をすませば」の舞台の厳しい現実

 宮崎アニメの舞台として多摩地区はよく用いられますが、「耳をすませば」の舞台といえば聖蹟桜ヶ丘。その町や駅を一望できる丘の上に存在する住宅地の現状についてご紹介します。
聖蹟アニメ・耳をすませば

以下は日刊スパ2016.6.7の記事より引用*******
「宮崎アニメでも知られたあの高級住宅街が寂れた街に…まるで「陸の孤島」!?」

近年、不動産業者が「最も凋落が著しい高級住宅街」の一つとして挙げる高級住宅街がある。
 それが、『耳をすませば』の舞台になったことでも知られる東京・多摩市の聖蹟桜ヶ丘だ。京王電鉄総裁によって開発が主導され、数多くの名士の家が立ち並ぶ屈指のセレブタウンとして名を馳せたものの……。
「現在は地理的な便の悪さ、住民の高齢化によって完全に寂れた街に。まさしくセレブタウンの“残骸”です」(不動産業者)

*以下は記者が感じた印象をかいつまんで・・・
・住宅街の位置するエリアへと続く高低差50mの長い坂道。
・自動車を使うか、徒歩なら15分近くかけてこの坂を上る必要がある。
・丘の上に商業施設が充実しているわけではない。陸の孤島だ。
・ひとたび路地に入ると完全に人の気配が消え、平日の昼下がりにもかかわらず誰ともすれ違わない。
・老人ホームやマンションに移る老人が多く、子供が家を継ぐケースは稀で、(家は)大抵放置。
http://nikkan-spa.jp/1129351
***********************

 私自身、幼少から今まで多摩で過ごし、多摩センター駅前で教会を開拓して神さまにお仕えしています。多摩を愛する身として悲しい現実です。多摩には古くから日本アニメーションの本社スタジオがあり、これまで「あらいぐまラスカル」など多数のアニメが作られました。若き日の宮崎駿氏もそこで腕を磨いたようです。
聖蹟アニメ・ラスカル
http://www.nippon-animation.co.jp/

また、かつて私が毎日神学校(さいたま市岩槻)に通う際、目にした「一週間フレンズ。」のポップやポスター。この作品も聖蹟が舞台ということで、アニメ放送に合わせて一時期設置されました。
聖蹟アニメ・一週間フレンズ
聖蹟アニメ・一週間フレンズ-2
http://oneweekfriends.com/
 空が近い、緑が豊富、駅を見下ろす小高い丘・・・アニメの設定としては素敵ですが、それを魅力としてそこで生活するには、欠点を補う都市計画が必要でしょう。聖蹟が開発されて30年が経ちました。多摩の魅力がなお見直され、そして私自身、牧師としては多くの人々が霊的に目覚めることを願って止みません。この多摩の街で神のみわざを!多摩をエルサレムに!

聖蹟30周年


続きを読む
関連記事

タグ : 多摩市 一週間フレンズ 耳をすませば 聖蹟桜ケ丘

Category: 多摩の景色 Comments (0)
2016.06.17 Fri

6月12日 日曜礼拝

6月12日 日曜礼拝(58)
天候:雨のち晴れ

■賛美(聖歌より。括弧内は旧番号) 
・44(100)しずかに神と
・642(604)のぞみも消えゆくまでに
・378(385)さかえあれや

■メッセージ:(異邦人のさばき~信仰と行い ヨエル書3:1-8)
続きを読む
関連記事
Category: 日曜礼拝 Comments (0)
2016.06.14 Tue

多摩のある雨の午後

多摩市、貝取二丁目バス停周辺より
雨の中の紫陽花ってきれいですね。主のみわざに感謝っ!
2016.6.13雨の午後-3
2016.6.13雨の午後-2
2016.6.13雨の午後-1
2016.6.13雨の午後-4


続きを読む
関連記事
Category: 多摩の景色 Comments (0)
2016.06.13 Mon

異邦人諸国への祈り2016〈 リビア国 〉

異邦人諸国への祈り2016《 11 》

 迫害が厳しい国々の状況を毎週ひとつずつ「クリスチャン迫害国 ワースト50」より紹介します。イスラエルに加えて、すべての人のために、すべての聖徒のために祈りましょう。

 参照・・・1テモテ2:1、エペソ6:18、ヘブル13:3


◆リビア国(首都:トリポリ)
◆人口:668万人(クリスチャン18万人)/主宗教:イスラム教
◆政治体制:暫定政権/迫害の主体:イスラム教過激派
 
 何世紀にもわたるオスマントルコ帝国の支配の末、1912年にイタリアに征服され、第二次世界大戦時には英仏共同統治領となった。青年将校のクーデターなどにより、故カダフィ大佐が事実上の元首とする社会主義国家が誕生した。
 
 しかし、政権は2011年に起きた民主化革命「アラブの春」のあおりを受け崩壊。民主化しかけたが、選挙で敗北したイスラム主義者が各地で武装蜂起し、今日まで反政府勢力と政府の間で内戦状態が続いている。
 
 2015年2月にISがエジプト人コプト教徒21名を殺害したように、リビアはクリスチャンにとってアフリカでもっとも危険な国である。彼らはカダフィ時代には主に政府から迫害を受けていたが、今はイスラム過激派と犯罪組織の格好の的となっている。クリスチャンが迫害から守られ、テレビやラジオ、インターネットの宣教放送になお人々の関心が寄せられるように。 

続きを読む
関連記事
Category: 異邦人諸国への祈り Comments (0)