| main |
2015.05.27 Wed

5月24日 日曜礼拝(ペンテコステ)

5月24日 日曜礼拝(4)
天候:晴れ

■賛美 
聖歌40(旧96)せいなるかな
604(570)雨をふりそそぎ
■メッセージ:明かされた神の計画~教会誕生(使徒2:1-4他)

5/24はペンテコステ(五旬節)。教会の誕生を覚え、お祝いしました。

イスラエルの祭りの律法の名称に従うならば七週の祭り(ヘブル語でシャブオット)。キリスト教会が「イースター」の名称でお祝いしている過越祭から50日後にあたる祭り。

エルサレムへの巡礼を求められる三大祭りの一つで、異邦人社会で、異邦人たちの言語で生活せざるを得ない多くの離散した者たちも、この日エルサレムに集っていた。

 そして彼らこそ、聖霊なる神がこのとき示した「異言」(聖霊の特別な働きにより、一時的に外国語を話す奇蹟)の証人となった(外国語が分からなければ何を話しているか理解できないため)。

 そしてイエスを「キリスト」と信じた者たちの内に宿った聖霊の働きによって、旧約では示されない奥義「教会」は誕生し、その営みはこのとき以来、今日にまで至る。教会は単なる社交場ではない!

 教会は、これまでの歴史を通して、神のことば聖書を用いながらも必ずしも神のことばを正しく理解しなかった。そして、先人たちが多くの良き証しを残した一方で、まったく証しにならないような多くの過ちも犯した。

 しかし、そのような不従順に対しても神は教会への使命と祝福を奪ってしまうようなことをせず、忍耐して約束をはたしてくださっている。まるで、契約の当事者であるイスラエルの特権を、不従順を理由に神が取り消してしまわないのと同様に・・・なんと感謝ではないか!

 イスラエルにおいて、これまでにないくらいメシアニックジューの数が増えているという(もちろん明確な数字は分からないが)。
終末に向けて、時代は煮詰まっている。

 彼らユダヤ人たちにとって五旬節は、モーセがシナイ山で律法を受け取った「律法授与日」という認識だが、彼らの霊的な目が開かれ、この日に込められた本当の意味を理解できますように。 十字軍、ユダヤ人迫害、またホロコースト(の前提を作ったと言って
いいだろう)といった教会の過去の過ちを乗り越え、主にあって喜びを共に分かち合うことができますように・・・


続きを読む
関連記事
Category: 日曜礼拝 Comments (0)
2015.05.19 Tue

「いいね!イスラエル」全7回、ついに完結!

イスラエル大使館プロデュースアニメ「いいね!イスラエル」
もうご覧いただけましたでしょうか?

イスラエルの魅力満載のアニメがついに第7話(最終話)を迎えました。もう一度、1話から観なおしても良いですね。

いいね!イスラエル


続きを読む
関連記事
Category: イスラエル Comments (0)
2015.05.18 Mon

5月17日 日曜礼拝

5月17日 日曜礼拝(3)
天候:晴れ

■賛美 
聖歌40(旧96)せいなるかな
511(493)わがとも主イェスは
■メッセージ:主が天におられるということ(使徒1:3-11)

先日5月14日は、主が天に帰られた(昇天)日である。4月3日のイースター(過越祭)から数えて40日後である。主の昇天を覚え、その様子、意味、その結果後の信仰者が持っている祝福や希望について改めて確認しました。

城壁から見る空


オリーブ山から見る旧市街


5月14日と関連し、聖書の正しさが歴史によって示された出来事がありました。1948年のイスラエル建国である。多くの人々は、イスラエルの再建などありえないと理解し、教会もその前提に立って聖書を解釈し、イスラエル抜きの神学を構築してきた(置換神学・契約神学)。

しかしイスラエルは再建され、新約聖書にある「イスラエル」はそのまま字義通りに理解しなければならないと示された。契約の民に対する神の計画は、今も進行中であることが示された。

私たち異邦人(ユダヤ人から見て)クリスチャンは、聖書特に契約を通して、神様の計画をなお理解すべきである。大きな視点に立つべきである。

ユダヤ人の救いを願うことは、キリストの再臨待望と無関係ではないことに、多くの教会が気づきますように。

f-gr



続きを読む
関連記事
Category: 日曜礼拝 Comments (0)
2015.05.12 Tue

5月10日 日曜礼拝(母の日)

5月10日 日曜礼拝(2)
天候:晴れ

■賛美 
聖歌41(旧97)きたりてたたえよ、
325(338)いともよきものを
■メッセージ:母を通して見る恵み(箴言1:7-9)

本日は母の日を覚えて、礼拝いたしました。
すべての人は母を通してこの世に生を受け、
母を通して優しさを受け、愛おしむことを学びます。

その背後には、すべての命をつかさどる
神様の摂理の御手が働き、恵みをいただいています。

ただでさえ素晴らしい母子の関係、
しかしすべてを作られ、愛である方(神様)の目線で
もう一度、母子の関係を捉えなおすならば、
今まで見ることができなかった素晴らしさを
知ることができます。

「あなたは愛されている」
この単純かつ素晴らしい神様のメッセージが、
母から子へ受け継がれたならば、
なんと素晴らしいことでしょう。
そのような母は、まさに箴言で鏡とされる
本当の賢さを兼ね備えた女性(母)の姿ではありませんか?

形が多様化し、問題が山積する家庭に今日求められるもの、
それは神様を知り、賛美し、その言葉に喜んで
家族でしたがってゆくこと・・・
その結果、育まれてゆく世のものではない愛と喜びと安らぎ。

どうか一人でも多くの人々が、結婚、家庭、出産、育児、教育、
そして糧を得るといった一連の営みの意味を、
すべてを創造されたお方の目線で理解できますように・・・。
主に在って感謝。

続きを読む
関連記事
Category: 日曜礼拝 Comments (0)
2015.05.06 Wed

5月3日 祝・第一回日曜礼拝

5月3日 日曜礼拝(1)
天候:晴れ

記念すべき第一回の礼拝を迎えることができました。私の家族2名と、12月に聖地旅行でご一緒した姉妹のご友人2名、さらに、同じく聖地旅行でお世話になりましたハーベスト・タイムのN兄、合わせて計5名(牧師含めず)で礼拝しました。少ない時間で、小さな集いでしたが、凝縮され、祝福されたときとなりました。

みことばから、この集いがこれから神様と成そうとすることを表明するようなメッセージをいたしました。

来会されましたお一人おひとりを感謝します。主よ。これから歩むべき道をなお示してください。


■賛美 
聖歌41(旧97)きたりてたたえよ、
469(456)さかえの王にます主の
■メッセージ:みことばが示す希望の光(マタイ1章)

5月3日礼拝



続きを読む
関連記事
Category: 日曜礼拝 Comments (0)
2015.05.02 Sat

5/3(日)の礼拝について

希望の光バプテスト教会――――

教会バナー


いよいよ、第1回の礼拝が始まります!d(>_< )Good!!

5月3日(日)の礼拝は、桜美林大学多摩アカデミーヒルズ3階会議室「景信」で行います。

主がこの礼拝を大いに用いてくださいますように・・・そしてこれから始まる多摩での戦いにおいて、どうぞ主がいつもわれわれの先を歩んでくださいますように・・・

Book1_10597_image002.gif

▼追記 15年10月以降の礼拝について

続きを読む
関連記事
Category: 未分類 Comments (0)