希望の光バプテスト教会ブログ

当教会の礼拝やイベントの告知、報告といった日々更新されるお知らせはこちらでご確認ください。

日曜礼拝のご案内

|日曜礼拝のご案内 
*第68回ハーベスト聖地旅行の画像についてはこちらからどうぞ!

礼拝2

「聖書の言葉と礼拝で新しい週を迎える、すがすがしく希望に満ちた営みを。あなたもぜひ、聖書のお話を聞いてみませんか?」
いつも当教会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。また、初めての方はようこそお越しくださいました。

 今の時代は「一体何が揺るがない真理なのか」「真理なんかあるのか」・・・時代が変わっても変わらない価値が見出しにくい、いや見出すことさえあきらめてしまったかのように思えます。もしも、「どんな価値観でも何でもあり」がまかり通るなら、それは「寛容な楽園」ではなく、単なる混とん(カオス)でしかありません。

 いかがでしょうか。このような時代(いま)こそ、変わらぬ価値を持つ聖書の言葉に触れてみませんか?聖書の言葉は、いつも私たちが生きていゆくうえで大切なことを教えてくれます。もしもあなたが「本当に有意義な歩み」を求めるのなら、聖書の言葉を学んでみませんか?どうぞお気軽に、教会へお出かけください。

――― あなたの心の重荷・・・もう下ろしませんか?実り豊かな歩みを求めるあなたに贈られた聖書のメッセージに耳を傾けてみませんか?神さまは、両手を広げてあなたのことを待っていますよ。皆様のお越しを心より歓迎いたします。

聖書アイコン


|日時・聖書メッセージのご紹介
*時間は11:00-12:15(開場 10:30より)
*プログラム:招詞、賛美①、開会の祈り、歓迎・報告、賛美②、聖書からメッセージ、頌栄・祝祷
   (献金は神様への信仰ゆえに、喜んで捧げるものです。参加者に強制するものではございません)
礼拝へのお誘い

・礼拝30分前より入場できるようにいたします。余裕をもってお集まりください。
・当日聖書等はご用意いたしますので、お持ちでない方もご安心ください。
・お車でお越しの方は、事前にご相談ください。
・礼拝後にお茶とお菓子をご用意しております。
・家庭的な雰囲気と、です。お気軽にどうぞ。

*6月の礼拝メッセージ:
シリーズメッセージ: 「講解 へブル人への手紙」
(牧師 小野寺望)
メッセージのアウトラインや解説もお配りいたしますので、ご安心ください。
講解 ヘブル人への手紙



|聖餐式(せいさんしき)のご案内

*聖餐式についての考え方(「主の晩餐」と呼ぶこともあります)
聖餐式は、主イエス・キリストが再び来られる時まで守るように、聖書によって地域教会に命じられた礼典の一つです。すべての人は生まれながら神に敵対する罪人です。しかしキリストを信じる信仰によって赦された者が、互いにそのことを記念して、パンとぶどう(酒)汁をいただきます。パンとぶどう汁は十字架上で裂かれたキリストのみ体と、流された尊い血の象徴です。

*聖餐式はいつ行う?誰が参加できるの?
 いつ、誰が行ったかという点について、聖書には明確な指示はありません。ましてや初代教会の時代には、洗礼(バプテスマ)の方法は浸礼(全身を水に沈める)以外にありませんので、その他の方法の場合どうするかなどという想定はしていません。

 以上のことを踏まえ、私どもの教会では、奇数月(1・3・5・7・9・11)の第一週の礼拝の中で、聖餐式を執り行います。また、聖餐式の意義はキリストによる救いを記念することですので、まず福音を信じて、キリストによって救われている確信があること、また地域教会に命じられた礼典ですので、洗礼(バプテスマ)を受けている方※が参加いただけます。「かつて教会に通っていたが、今は探している」という方も参加いただけます。
※洗礼の方法(浸礼・滴礼)については問いません。

 自分の歩みを振り返り、悔い改めていない罪が無いか自己吟味して、主の恵みに感謝してパンと杯をいただきましょう。

聖餐式イメージ
*聖餐式のイメージ(実際には種の入らない薄いパン(ヘブル語でマッツァ)を用います。



◆聖書について知りたい方へ、他サイトさまも参考にどうぞ!
聖書入門.com バナー
*聖書入門.comは、ハーベスト・タイム・ミニストリーズ(代表 中川健一師)が運営する聖書入門サイトです。
*私どもは、聖書という神のメッセージをありのまま説き明かすことをモットーとし、またユダヤ人の救いを祈り、ハーベスト・タイム・ミニストリーズを通してユダヤ人伝道を応援しております。




|教会までのアクセスはこちら 
東京都多摩市落川1255番地43
*連絡先(牧師携帯):080-6576-2306
「途中まで来ているけれど、迷ってしまった」「当日、飛び入りで参加したい」「車で来ているけどどこに駐車したらいいか」など、お急ぎの際はこちらに連絡いただければ、ご案内いたします。
落川教会地図


バスをご利用の方へ
*駅からのアクセスは京王バスが便利です(「東寺方3丁目」にて下車)。
・多摩センター駅(5番乗り場)より:桜72・桜73
・聖蹟桜ヶ丘駅(9番乗り場)より:桜72・桜73 
・聖蹟桜ヶ丘駅(4番乗り場)より:桜92・桜93
※2018年5月時点

*交通機関についての詳細は京王バスホームページ[https://www.keio-bus.com/]
もしくは京王バス(路線バスについての問合せ窓口)までお願いいたします。
TEL : 042-352-3713 (平日9:00~18:00/土日祝・年末年始を除く)





*「希望の光バプテスト」で検索を!
Twitterでも情報を配信しております。

多摩で輝かせよう、希望の光


希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

6月16日 日曜礼拝

6月16日 日曜礼拝(214) 
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■6月の招詞 ~詩篇106:1-3
1 ハレルヤ。【主】に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。
その恵みはとこしえまで。
2 だれが主の大能のわざを告げ、主の誉れのすべてを語り聞かせる
ことができよう。
3 幸いなことよ さばきを守る人々 いかなるときにも正義を行う人は。

*本文は新改訳2017より

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・518(500)みことばなる
・466(454)まどいの雲きえて
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「 メルキゼデクとイエス - 永遠の祭司職 - 」 
・聖書箇所 へブル人への手紙 7:1-3 *小野寺望 牧師
講解 ヘブル人への手紙


↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
1 祭司としてのイエスをより明確に
 ~ユダヤ教に回帰しつつあるメシアニックジューへの神学的論証

① 御子はアロンに勝るお方である。(天使・モーセに勝ることは証明済み)
 *7章からメルキゼデクのテーマが再開される。
  1-3節:メルキゼデクとイエスの対比
  4-10節:メルキゼデク的祭司職とレビ的祭司職の対比
  11-25節:レビ的祭司職とイエスの祭司職の対比
  26-28節:結論

②メルキゼデクについて、聖書の記述は二か所のみ。
 *創14章(歴史的記述)と詩110:4(預言) 


span style="font-size:large;">メッセージのアウトライン
Ⅰ 王である
Ⅱ 祝福を授ける者
Ⅲ 上位におられる義と平和の王
Ⅳ 父母もなく系図もない
Ⅴ 時間を超越した働き

|ゴール:
Ⅰ ディスペンセーションと土台の移行
Ⅱ メルキゼデクはイエスの型
*このメッセージは、イエスの祭司職がいかに優れているかについて学ぶものである。



■父の日を覚えて・・・
 5月の第二日曜日に祝われる母の日に続き、6月の「父の日」も、やはりアメリカのクリスチャン社会で生まれました。1909年、ワシントン州のソナラ・ドッド(ジョン・ブルース・ドッド夫人)という女性は、「母の日」の説教を聞いていて、「父の日」もあるべきだと考えた。母親の亡き後、ソナラと5人の兄を男手一つで育ててくれた父親を敬愛していたから。

父親が6月生まれだったため、ソナラは自分が通う教会の牧師に頼み、6月に「父の日」を祝う礼拝をしてもらう。これがもとで、ワシントン州では6月の第3日曜日が「父の日」となった。それから、実際に国民の祝日として定められたのは、1972年のこと。
父の日バナー



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

GBBSバイブルカンファレンス2019

【GBBSカンファレンス2019の報告】

 グレース・バプテスト神学校(以下GBBS)主催のバイブルカンファレンスが、6/12(水)、13(木)の二日間にわたり催されました。GBBSは当教会牧師の出身神学校です。当教会では、多忙の中、東北諸地域から集い教鞭をとられる先生方の働きに感謝しつつ、祈りと献金によって応援しております。今回も牧師が両日参加いたしました。

 今回は愛知県から、豊橋恵みバプテスト教会牧師であられる山崎拓治先生をお招きし、「キリストの弟子」というテーマで、4回のメッセージと2回のセミナーを用意してくださいました。また、今年は3名の神学生(本科生2名、聴講生1名)の卒業・修了式も多くの兄姉からの祝福に包まれて催されました。
◆ カンファレンスの模様
GBBSバイブルカンファレンス2019①


◆ 卒業式の模様 
GBBSバイブルカンファレンス2019②

◆グレース・バプテスト神学校のブログへはこちらから
GBBSロゴ

希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝
関連記事

6月9日 日曜礼拝

6月9日 日曜礼拝(213) -ペンテコステ-(五旬節)
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■6月の招詞 ~詩篇106:1-3
1 ハレルヤ。【主】に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。
その恵みはとこしえまで。
2 だれが主の大能のわざを告げ、主の誉れのすべてを語り聞かせる
ことができよう。
3 幸いなことよ さばきを守る人々 いかなるときにも正義を行う人は。

*本文は新改訳2017より

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・518(500)みことばなる
・604(570)雨をふりそそぎ
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「 聖霊を通した主の働き-教会誕生- 」 
・聖書箇所 使徒の働き 2:1-4 *小野寺望 牧師
講解 ヘブル人への手紙


↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
1 ペンテコステとは?
 五旬節(ペンテコステ)とは、初穂の祭り(大麦の初穂の束を捧げる日)から50日目の祭りという意味です。農業的には夏の収穫の始まりを祝います。

 ユダヤ人は「七週の祭り」(シャブオット)と呼びます。彼らはシナイ山で律法を授かった日と理解していましたが、神は聖霊降臨によって「心に律法を書き記す」というさらなる意味を与えました。聖霊によって教会が生まれ、以後約4か月の休止期間が予表する「教会時代」に入ります。教会時代は、携挙(ラッパの祭り)まで続けます。

span style="font-size:large;">メッセージのアウトライン
Ⅰ 約束の成就
Ⅱ 聖霊降臨の意味
Ⅲ 時代区分の変化

|ゴール:
Ⅰ 神の計画からあるべき教会の姿を
*このメッセージは、教会とその誕生について学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

6月2日 日曜礼拝

6月2日 日曜礼拝(212) 
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■6月の招詞 ~詩篇106:1-3
1 ハレルヤ。【主】に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。
その恵みはとこしえまで。
2 だれが主の大能のわざを告げ、主の誉れのすべてを語り聞かせる
ことができよう。
3 幸いなことよ さばきを守る人々 いかなるときにも正義を行う人は。

*本文は新改訳2017より

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・518(500)みことばなる
・462(450)なにゆえみ神は
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「 第三の警告③ -励ましと確信- 」 
・聖書箇所 へブル人への手紙 6:9-20 *小野寺望 牧師
講解 ヘブル人への手紙


↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
1 手紙の読者の状況の確認
①この手紙の内容は牧会的であり実践的
②第二の警告にも、厳しい警告の後に、励ましが続いた。
③第三の警告も同様に、信仰の停滞、問題に対する処方箋と続き、本日の内容が、励ましの言葉である。
④既に救われているが、幼子の状態の読者への励まし


メッセージのアウトライン
Ⅰ 読者の救いへの確信(9~12節)
Ⅱ 神の約束への確信(13~20節)

|ゴール:
Ⅰ 信仰が後退しないために
*このメッセージは、成長に導く励ましについて学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事