希望の光バプテスト教会ブログ

当教会の礼拝やイベントの告知、報告といった日々更新されるお知らせはこちらでご確認ください。

日曜礼拝のご案内

|日曜礼拝のご案内 
*第68回ハーベスト聖地旅行の画像についてはこちらからどうぞ!

礼拝2

「聖書の言葉と礼拝で新しい週を迎える、すがすがしく希望に満ちた営みを。あなたもぜひ、聖書のお話を聞いてみませんか?」
いつも当教会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。また、初めての方はようこそお越しくださいました。

 今の時代は「一体何が揺るがない真理なのか」「真理なんかあるのか」・・・時代が変わっても変わらない価値が見出しにくい、いや見出すことさえあきらめてしまったかのように思えます。もしも、「どんな価値観でも何でもあり」がまかり通るなら、それは「寛容な楽園」ではなく、単なる混とん(カオス)でしかありません。

 いかがでしょうか。このような時代(いま)こそ、変わらぬ価値を持つ聖書の言葉に触れてみませんか?聖書の言葉は、いつも私たちが生きていゆくうえで大切なことを教えてくれます。もしもあなたが「本当に有意義な歩み」を求めるのなら、聖書の言葉を学んでみませんか?どうぞお気軽に、教会へお出かけください。

――― あなたの心の重荷・・・もう下ろしませんか?実り豊かな歩みを求めるあなたに贈られた聖書のメッセージに耳を傾けてみませんか?神さまは、両手を広げてあなたのことを待っていますよ。皆様のお越しを心より歓迎いたします。

聖書アイコン


|日時・聖書メッセージのご紹介
*時間は11:00-12:15(開場 10:30より)
*プログラム:招詞、賛美①、開会の祈り、歓迎・報告、賛美②、聖書からメッセージ、頌栄・祝祷
   (献金は神様への信仰ゆえに、喜んで捧げるものです。参加者に強制するものではございません)
礼拝へのお誘い

・礼拝30分前より入場できるようにいたします。余裕をもってお集まりください。
・当日聖書等はご用意いたしますので、お持ちでない方もご安心ください。
・お車でお越しの方は、事前にご相談ください。
・礼拝後にお茶とお菓子をご用意しております。
・家庭的な雰囲気と、です。お気軽にどうぞ。

*9月の礼拝メッセージ:
シリーズメッセージ: 「講解 へブル人への手紙」
(牧師 小野寺望)
メッセージのアウトラインや解説もお配りいたしますので、ご安心ください。
講解 ヘブル人への手紙



|聖餐式(せいさんしき)のご案内
*次回聖餐式は、2019年11月3日の日曜礼拝です。
*聖餐式についての考え方(「主の晩餐」と呼ぶこともあります)
聖餐式は、主イエス・キリストが再び来られる時まで守るように、聖書によって地域教会に命じられた礼典の一つです。すべての人は生まれながら神に敵対する罪人です。しかしキリストを信じる信仰によって赦された者が、互いにそのことを記念して、パンとぶどう(酒)汁をいただきます。パンとぶどう汁は十字架上で裂かれたキリストのみ体と、流された尊い血の象徴です。

*聖餐式はいつ行う?誰が参加できるの? 
 いつ、誰が行ったかという点について、聖書には明確な指示はありません。ましてや初代教会の時代には、洗礼(バプテスマ)の方法は浸礼(全身を水に沈める)以外にありませんので、その他の方法の場合どうするかなどという想定はしていません。

 以上のことを踏まえ、私どもの教会では、奇数月(1・3・5・7・9・11)の第一週の礼拝の中で、聖餐式を執り行います。また、聖餐式の意義はキリストによる救いを記念することですので、まず福音を信じて、キリストによって救われている確信があること、また地域教会に命じられた礼典ですので、洗礼(バプテスマ)を受けている方※が参加いただけます。「かつて教会に通っていたが、今は探している」という方も参加いただけます。
※洗礼の方法(浸礼・滴礼)については問いません。

 自分の歩みを振り返り、悔い改めていない罪が無いか自己吟味して、主の恵みに感謝してパンと杯をいただきましょう。

聖餐式イメージ
*聖餐式のイメージ(実際には種の入らない薄いパン(ヘブル語でマッツァ)を用います。



◆聖書について知りたい方へ、他サイトさまも参考にどうぞ!
聖書入門.com バナー
*聖書入門.comは、ハーベスト・タイム・ミニストリーズ(代表 中川健一師)が運営する聖書入門サイトです。
*私どもは、聖書という神のメッセージをありのまま説き明かすことをモットーとし、またユダヤ人の救いを祈り、ハーベスト・タイム・ミニストリーズを通してユダヤ人伝道を応援しております。




|教会までのアクセスはこちら 
東京都多摩市落川1255番地43
*連絡先(牧師携帯):080-6576-2306
「途中まで来ているけれど、迷ってしまった」「当日、飛び入りで参加したい」「車で来ているけどどこに駐車したらいいか」など、お急ぎの際はこちらに連絡いただければ、ご案内いたします。
落川教会地図


バスをご利用の方へ
*駅からのアクセスは京王バスが便利です(「東寺方3丁目」にて下車)。
・多摩センター駅(5番乗り場)より:桜72・桜73
・聖蹟桜ヶ丘駅(9番乗り場)より:桜72・桜73 
・聖蹟桜ヶ丘駅(4番乗り場)より:桜92・桜93
※2018年5月時点

*交通機関についての詳細は京王バスホームページ[https://www.keio-bus.com/]
もしくは京王バス(路線バスについての問合せ窓口)までお願いいたします。
TEL : 042-352-3713 (平日9:00~18:00/土日祝・年末年始を除く)





*「希望の光バプテスト」で検索を!
Twitterでも情報を配信しております。

多摩で輝かせよう、希望の光


希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

9月29日 日曜礼拝

9月29日 日曜礼拝(229)
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■9月の招詞 ~詩篇92:1-4  賛歌。安息日のための歌。
1 【主】に感謝することは 良いことです。
 いと高き方よ あなたの御名をほめ歌うことは。
2 朝に あなたの恵みを 夜ごとにあなたの真実を告げることは。
3 十弦の琴に合わせ 竪琴の妙なる調べにのせて。
4 【主】よ あなたは あなたのなさったことで
 私を喜ばれせてくださいました。
 あなたの御手のわざを 私は喜び歌います。
*本文は新改訳2017より

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・461(734)信ずる者はなにびとも
・489(472)人生の海の嵐に
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「 信仰の中の訓練  」 
・聖書箇所 へブル人への手紙 12:1-11 ←カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師
講解 ヘブル人への手紙

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
Ⅰ 具体的に先人を挙げて学ぶ理由

メッセージのアウトライン
Ⅰ信仰の創始者であり完成者・イエス (1-2節)
Ⅱ信仰の訓練(3-11節)

|ゴール:
Ⅰ 苦難の意味の再確認
*このメッセージは、苦難の意味について学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

聖書通読表2019(ダウンロード自由)

聖書通読表2019
|毎日少しずつ、神のことばを読み進める

・あなたも聖書通読してみませんか?
2019年の聖書通読表を作成しました。10月分ご覧いただけます。
通読箇所:ハガイ書、ゼカリヤ書、マラキ書、詩篇、ヨブ記、ルツ記、
哀歌、テモテ書第一、テモテ書第二、テトス書、ピレモン書、ヘブル書

以上の箇所を読み進めましょう。

*毎月更新の予定です。ダウンロードは下記のバナーをクリック!
聖書通読表2017



※【告知】2018年8月29日より古いブラウザー、パソコン、スマートフォン、タブレットなどでYahoo!ボックスをご利用いただけなくなります。詳細は下記Yahoo!の告知をご覧ください。
◆Yahoo!ボックス ホームページへ飛ぶ

関連記事

9月22日 日曜礼拝

9月22日 日曜礼拝(228)
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■9月の招詞 ~詩篇92:1-4  賛歌。安息日のための歌。
1 【主】に感謝することは 良いことです。
 いと高き方よ あなたの御名をほめ歌うことは。
2 朝に あなたの恵みを 夜ごとにあなたの真実を告げることは。
3 十弦の琴に合わせ 竪琴の妙なる調べにのせて。
4 【主】よ あなたは あなたのなさったことで
 私を喜ばれせてくださいました。
 あなたの御手のわざを 私は喜び歌います。
*本文は新改訳2017より

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・461(734)信ずる者はなにびとも
・551(229)ゆきてつげよあまねく
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「 信仰者のリスト⑤  」 
・聖書箇所 へブル人への手紙 11:32-40 ←カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。  
小野寺望 牧師
講解 ヘブル人への手紙

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
Ⅰ 具体的に先人を挙げて学ぶ理由
1 報いの時という希望を見上げて忍耐する(11:38-39)
①報いの時とはキリストの再臨の時である。 ハバ2:3
②見えるものに惑わされず、信仰を働かせよ。ハバ2:4
③先の時代の優れた先輩たちは、迫害の現実ではなく、神のことばに期待した。
神が喜ばれないことを恐れよ→神の守りの外に出るイメージ 
*11章では、一人ひとり例を挙げ、その意志に続く者になることを勧める。

|秋分の日をヘブル書から考える
1 由来と宗教的趣旨
* 天文との関連:通例は、9月22日から23日ごろ。国立天文台が作成する「暦象年表」に基づいて閣議される。昼が短くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれるが、実際は昼の方が少し長い。
  
* 信仰面の趣旨:戦前、秋分の日は「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」(毎年秋分の日に宮中で、歴代の天皇や皇族の神霊をまつる儀式)と呼ばれた。その趣旨は祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ。」こととしている。仏教では春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈むため、彼岸と此岸が最も通じやすい日と考えられた(彼岸は西に、此岸は東に位置するいう理解)。

* その後、庶民の間にも徐々に広がり、戦後に「秋分の日」と改名された。1948年(昭和23年)に公布・施行。2003年にはハッピーマンデー法が適用され、今日のかたちとなる。

2 日本的仏教よりも聖書の死生観を
 仏教をさかのぼれば、創始者である仏陀自身はインド的宗教観、死生観の中で生まれた。その都度前世の因果により異なる世界で繰り返される生と死(輪廻)は苦しみと捉えられ、六道輪廻と呼んだ(天国さえもその一つである)。その修行の目的は輪廻の鎖から解き放たれる(解脱する)ことであったが、自身の口から弟子たちに死後についての明確な教えは何も語らなかったし、残さなかった。解脱したらどこへ行くのか?・・・弟子たちが導いたのが「極楽」だった・・・というような当初の教えはどこ行く風で、死者を仏として扱い、先祖を崇拝する。

 仏教は土着の宗教と混ざり合い、また時代と共にその様相を変え、東南アジアや中国を経て日本に伝わった。日本でも、特に天台宗以降、高名な僧たちによって様々な宗派が生まれた。一体どこに軸があるのだろうか?そんないい加減な教えで良いのだろうか?

 唯一の神の啓示である聖書が示す死生観は、決してブレることがない。勿論いつの時代も、いわゆる「異端」が解釈をゆがめて私的見解を述べることはあるが、その啓示の内容や、それを語られた神は変わることがなく、真理は変わることがない。
 人々の心が彼岸に向かう今、アブラハム、イサク、ヤコブの神を通して、死後のいのちを考えよう。人は一度死ぬことと、死後のさばきから逃れることができないという真理を重く受け止め、救い主キリストの恵みに歩み寄ろう。主の御名はいと高く、仏陀にも勝るお方である。唯一信仰の創始者であり完成者であられるお方に目を留め続けよ!

メッセージのアウトライン
Ⅰ試練の中での学び (32-38節)
Ⅱ共に待つ勝利の時(39-40節)

|ゴール:
Ⅰ 信仰者たちのまとめ ~苦しい時こそ信仰を
*このメッセージは、信仰の勇士の歩みから信仰について学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

9月15日 日曜礼拝

9月15日 日曜礼拝(227)
週の初めに皆で集い、礼拝と聖書の言葉でスタートする幸い・・・
聖書が示す唯一の希望の光をあなたに。
※「週の初めの日」とはユダヤ的表現で、私たちから見ると日曜日を指します。
聖書アイコン

■9月の招詞 ~詩篇92:1-4  賛歌。安息日のための歌。
 1 【主】に感謝することは 良いことです。
  いと高き方よ あなたの御名をほめ歌うことは。
 2 朝に あなたの恵みを 夜ごとにあなたの真実を告げることは。
 3 十弦の琴に合わせ 竪琴の妙なる調べにのせて。
 4 【主】よ あなたは あなたのなさったことで 
  私を喜ばれせてくださいました。
  あなたの御手のわざを 私は喜び歌います。
*本文は新改訳2017より

■賛美 ~聖歌・総合版より(括弧内は旧番号) 
・461(734)信ずる者はなにびとも
・631(593)罪にみてる世界(ああめぐみ!)
・377(384)すべてのめぐみの

メッセージ:「 信仰者のリスト④  」 
・聖書箇所 へブル人への手紙 11:23-31 ←カーソルを合わせると聖句の一部が確認できます。
小野寺望 牧師
講解 ヘブル人への手紙

↓PDFでメッセージノートをダウンロードできます!
アウトライン・バナー 
| はじめに
Ⅰ 信仰が後退していた者(第二世代のメシアニックジュー)への励まし。
①これまでに学んだことの適用
②かつてのユダヤ教への回帰・背教へと流されそうな人々に
③ユダヤ人の歴史はそのまま信仰の歴史であり、希望と忍耐を教える。
④「見えないもの」を重んじつつ、行動することを教える。
⑤信仰は各自の責任を果たすこと。時に常識的であり、時にそれに反すること。
*その判断力はどう身に着けるのか:聖書の学び、神との交わり、助言、状況など。

敬老の日を覚えて:
1 教会に集う先輩兄姉へ
①誰もが、信仰の先輩の援助を受けている(聖書や信仰生活の指導、祈り、献金など)
②誰もが、信仰の先輩として、のちに続く者に霊的遺産を残すことができる。
③誰もが、信仰について過去と未来をつなぐ懸け橋(架け橋)となることが期待されている。
④年配者を敬うことは神の御心。その白髪は、それまで蓄えた知恵と知識を表す冠(箴20:29)。
*若者には決してない尊い財産であり、もしその生涯が信仰者としての歩みであるなら、そこからのちの者が多くの祝福をいただくことができる。

*「年老いて何の楽しみもない」(伝12:1)という前に神を知り、「神のなさることはすべて時宜に適っている」(伝3:11)ことを体験し、「神を知ることは知識の始め」(箴1:7)と若者を諭す、そのような先輩の歩みから学び、励みをいただく者は幸いである。後に続く私たちもまた、先輩方と同様に「信仰の創始者であり、完成者であるイエス」(ヘブル12:2)から目を離さずに歩む者でありたい。「主が共におられる」ことを表す器として、神様が豊かに用いてくださいますように・・・。

2 聖書の先人たちを覚えて~敬老の日に読むへブル書
*ユダヤ人は、アブラハムを筆頭に「全人類に神の祝福を届ける祭司の民」として召された。
*彼らの働きにより神の啓示が「聖書」として書き記され、写本され、異邦人信者として生きる私たちに福音が伝えられた。
*彼らのつまづきによって、イエス・キリストの恵みが異邦人に提供された。異邦人であっても信仰と恵みによって、招いていただける時代が来た。
*へブル書の読者が旧約聖書の英雄から励ましを受けたように、私たちも言わば“信仰の本家”イスラエルという先人たちを敬い、励ましをいただこう。彼らと契約を交わされた神様は、今日も信じる者一人ひとりと共にいてくださる。

メッセージのアウトライン
Ⅰ モーセの両親 (23節)
Ⅱ モーセ(24-29節)
Ⅲ イスラエルの民(29-30節)
Ⅳ ラハブ(31節)

|ゴール:
Ⅰ 歴史から学ぶ信仰
*このメッセージは、信仰の成長について学ぶものである。



希望の光バプテスト教会

Facebookページも宣伝


*以下はランキングサイトへの投票ボタンです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事